« ヤツデ | トップページ | 猫だまり »

2004.11.21

カワラノギク

d041121-kawaranogiku.jpg
カワラノギク '04/11/21 東京都羽村市

夏以来、久しぶりの多摩川歩き。
花の盛りは過ぎていたものの、薄紫色のカワラノギクの群生地を何箇所か見ることができました。

多摩川のカワラノギクは、絶滅危惧種ということで、今までの私の経験では、見ることができても、ほんの数株でした。
ところが今日は、一面のカワラノギク!

何年も保護に取組んできた方々の成果といえるでしょう。
ただ、保護の仕方はさまざま。自生に近い形で生育できるように周囲の環境を整えたり、保護地区を囲ったり、自宅で育てた苗を植えて花壇のようにしたり・・・。
どの方法が一番いいか、なんて簡単には言えません。

|

« ヤツデ | トップページ | 猫だまり »

コメント

仰るとおりだと思います。手段はどうであれ、この星の生態系の頂点に立つ物の義務として、小さな自然でも守って行かなければならないのですよね!それが出来ないと「人」は、この星の「癌細胞」でしかない事になってしまいますよね!
飛孤爺、この青藤色系の花が大好きなのです。(ゝvб)

投稿: 飛孤爺 | 2004.11.21 21:51

ずうっと前から、
とても好きな花の一つでしたが、
親しい割りにその名前を知らず、
あぁそうだったのか~と変に感心^^;
ところでこの花が園芸用に改良されると、
ガラリ趣きが変わってしまうのは
仕方ないのでしょうね。

投稿: リサ・ママ | 2004.11.22 17:14

飛孤爺さんへ
 コメントありがとうございます。
 人間が地球の生態系の頂点に立つものかどうかは、
 よく分かりませんが、何をやっても、他の生物に
 多大な影響を及ぼす存在であるとは思います。
 という意味では、おっしゃるとおり、人間は地球
 の癌細胞ですね。(^^;)

 ですので、せめて迷惑が少なくて済むように、と
 いう意識は持っていたいのです。


リサ・ママさんへ
 カワラノギクは、関東・東海地方の一部の河川で
 しか見られない、と聞いたことがあります。
 石がゴロゴロしているところが適していて、洪水で
 土が流された後に群生していたらしいです。
 最近ダムの整備で洪水が少なくなったのも、絶滅
 が危ぶまれるようになった原因の一つとか。

 でも、種を採取して、希望者に配っている団体も
 あるので、そのうち園芸種も出てくるかも。(^^;)

投稿: waiwai | 2004.11.23 15:14

 waiwaiさん、
して見ると私のまわりにあるのは、
カワラノギクではありませんね。
花の色や形はそっくりだけれど、
よく見ると葉の形が違います。
どうりで聞き覚えのない名前でした^^;

投稿: リサ・ママ | 2004.11.24 15:30

確かに花の部分だけ切り出した写真では、他の野菊との違いが分かりにくいですね。
何枚か撮ったので、そのうち「はな日和」のほうでご覧いただこうと思ってます。

投稿: waiwai | 2004.11.25 05:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20052/2025385

この記事へのトラックバック一覧です: カワラノギク:

« ヤツデ | トップページ | 猫だまり »