« ミニつらら | トップページ | パンパスグラス »

2006.01.23

雪とコムラサキと

d060123-komurasaki
コムラサキ(実) クマツヅラ科 '06/01/23 東京都港区


人通りのある路上からは、だいぶ消えてしまった雪。
でも昼休み徘徊コースでは、まだこんな具合でした。

コムラサキ、色はかなりあせてしまってるけど、けっこう実が残ってます。
今年は、いろんな実が残ったままのような気がしますが、どうでしょうか。

|

« ミニつらら | トップページ | パンパスグラス »

コメント

やっぱりwaiwaiさんもそう思います? 実の残り具合が、今年は変、というかうれしいですよね。
ワタシも21日にガマズミ、22日にサンシュユの写真を載せたところでした。

投稿: はたざくら | 2006.01.24 07:28

ほんときれいだな~
この碓氷は、
じきに消えてしまうんでしょうね。
寒がりのくせに、
こんなシーン観ると
冬はいいなと思います(^^)

投稿: リサ・ママ | 2006.01.24 15:44

確かにそれって言えてます。
枯れた葉っぱが落ちないでくっ付いてるのも見かける。なんなんでしょうねえ。
雪、この写真だけ見ると、まだ一面、雪みたい。枝には凍りも付いていて。

投稿: soukichi | 2006.01.25 08:57

いい色合いですね!

雪の日は背景を簡素かにしてくれて
非日常的な視界が広がり・・・
思わぬ拾い物ができますよね。

雪日の散歩は小生も大好きです。

投稿: hikozii | 2006.01.25 11:37

相変わらずのまとめ&カメレスで相済みません。m(__)m

☆はたざくらさん
このところの実の残り具合、どうも気になります。
単なる実りの多い年なのか、気象の変動が関係しているのか、実を食べる鳥が減っているのか・・・。
どうも豊作を単純に喜べなくなってますね。


☆リサ・ママさん
ありがとうございます。
私も寒がりのくせに、冬は好きです。
あ! どの季節も、その季節ならではのものを見ては、好きと言ってるかも。(^^ゞ


☆soukichiさん
そうそう、少し前ですが、ケヤキの葉が枯れてもいつまでも散らずに残っている、という記事を新聞で読みました。
いろいろな実の彩りを長く楽しめるのは嬉しいですが、ちょっと複雑な気持ちです。


☆hikozii さん
ありがとうございます。
寒がりのくせに、雪ニモ負ケズ、徘徊してますデス。(^^ゞ

このブログの記事をアップするPCのディスプレイはCRTなので、それに合った色合いになってしまいますね。
後で、液晶ディスプレイで見たら、あらら~という具合でした。(^^;)

投稿: waiwai | 2006.01.25 20:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20052/8306377

この記事へのトラックバック一覧です: 雪とコムラサキと:

« ミニつらら | トップページ | パンパスグラス »