« ゴマの花 | トップページ | クルマバザクロソウ(車葉柘榴草) »

2007.08.13

コオニヤンマ

コオニヤンマ
(↑クリックで拡大表示)


オニヤンマにしては華奢な感じ・・・と思って調べたら、コオニヤンマというのがいるのですね。

コオニヤンマのほうなら、かまれても痛くないかな? (^^;

|

« ゴマの花 | トップページ | クルマバザクロソウ(車葉柘榴草) »

コメント

シオカラトンボに噛まれても痛い物は痛いのだ
(>__<)
捕まえたトンボを毟ってそれを餌にギンヤンマやオニヤンマを捕まえた事を思い出した。
捕まえたトンボにトンボを毟ったお肉を食べさせていた。
うーーむ、子供は残酷じゃのうーー(´o`)ハア~~

投稿: アライグマ | 2007.08.13 15:46

そういえば、トンボの唐揚げを食べる地方か国が
ありませんでしたっけ?
シオカラトンボの唐揚げ・・・精進料理にありそうな・・・

投稿: 昼寝ネコ | 2007.08.14 01:08

waiwaiさん、おはよう!
コとついても痛いものは痛いですよ。
彼らは肉食ですからねぇ。
強靭な顎を持ってます。
オニヤンマの黄色よりコオニヤンマの黄色の方が
奇麗で私は好きですけど。

投稿: あすかちち | 2007.08.14 07:15

☆アライグマさん
そういえば、子どものころ、捕まえたトンボに糸をつけて飛ばしたり、トンボをエサにカエル釣り、なんてのをやってたことを思い出しました。
オニヤンマに糸をつけて飛ばしたら、こちらに向かってきて、怖かったぁ。(^^;


☆昼寝ネコさん
う~ん、トンボを食べるのは知りません。
私はイナゴを食べて育ちました。(^^ゞ


☆あすかちちさん
あ、やっぱり。
華奢な見た目にだまされちゃダメなんですね。(^^;
この写真じゃわかりませんが、眼の緑色もなかなかきれいでした。

投稿: waiwai | 2007.08.14 14:08

コオニヤンマの複眼が離れているのに,
オニヤンマの方はくっついていました。
雄の腹端は曲がり「へ」の字に見えます。
似ていますが科も違うトンボでした。

投稿: itotonbosan | 2014.01.31 17:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コオニヤンマ:

« ゴマの花 | トップページ | クルマバザクロソウ(車葉柘榴草) »