« ミチヤナギ | トップページ | コスモス »

2007.10.01

四六のガマ

ヒキガエル
アズマヒキガエル '07/09/30 東京都東村山市 (↑クリックで拡大表示)


前を歩く人の足元すぐそばに、なんと大きなカエル!
八国山で、砂利道にすっかり同化しているところを見つけました。

「四六のガマ」というのは、このカエルの前足が4本で後ろ足が6本のところからきていると聞きました。

ネットで少し調べたら、基本はどの足も5本のようで、前足は親指に該当する1本が退化してて、後ろ足は元々骨
のところが瘤になって、指に見えるとか。


後ろ足
アズマヒキガエルの後ろ足


【'07/10/02 追加】
カエル苦手な方、さらにゴメンナサイ。
昨晩、半眠状態でアップしてて、前足を忘れました。(^^ゞ
4本の指のほかに、指が退化したと思われるところがあります。

前足
アズマヒキガエルの前足


【'07/10/03 訂正】
「分布からみてアズマヒキガエルでは」というご指摘をいただきましたので、ニホンヒキガエル→アズマヒキガエルと訂正させていただきます。


|

« ミチヤナギ | トップページ | コスモス »

コメント

この鷲づかみはwaiwaiさん?
カエル嫌いな人多いけど大丈夫なんや。
うちの嫁さんなら卒倒ですわ。
でも、上の写真。
「そこをどうかひとつ。お願いします」
なんて吹き出しが合いそうなポーズやんか。

投稿: あすかちち | 2007.10.02 08:51

よく手でつかみましたね~
なかなかそ~はいかないものですが~

投稿: ぴょんぴょん | 2007.10.02 10:21

以前飼っていたフェレットが散歩中よく発掘してました……ヒキガエル。なのでしょっちゅうわしづかみで回収レスキューしてましたが、そのたびに手を洗う(ヒキガエルは毒を分泌するので一応)のが面倒なので、ビニール袋(フェレットの糞回収用に持参)をゴム手袋のように使って回収するようになりました……。
画像のヒキガエル、恰幅いいですねぇ。

投稿: | 2007.10.02 11:43

↑名前を入れ忘れて投稿してしまったようです……失礼しました(汗)。

投稿: 星谷 仁 | 2007.10.02 12:31

☆あすかちちさん
はい、なんか愛嬌あるでしょ? (^^)
カエルは、特別好きというほどではありませんが、嫌いじゃないですね。
上から2枚目の写真は、四六のガマについて教えてくださった方が掴んでいるところを、撮らせていただきました。
その方の様子を見て、ムクムクと好奇心がわいてきて、自分でも掴んでみました。(^^ゞ
追加した「前足」の写真は、自分で持って撮ったものです。


☆ぴょんぴょんさん
すごいでしょ。えへん! ヾ(--;)


☆星谷さん
「フェレット」で、星谷さんとわかりましたよ。(^^)v
そうそう、八国山で見たときも、「白い毒汁を吹きかける」と聞きましたが、特にそういったものは出しませんでした。
急に寒くなって、動きが鈍くなってしまっていたみたいです。

投稿: waiwai | 2007.10.02 19:51

外来種のオオヒキガエル(南米原産)が白い粘液を飛ばすシーンはテレビで何度か見たことがあります。日本産のヒキガエルもやるのかなぁ?
毒を飛ばすかどうかはわかりませんが、ヒキガエル(日本の)を噛んだ犬が泡を吹いて倒れたという話は何件か聞いたことがあります。
ウチのフェレットはダメージを受けた事は一度もありませんでしたが。
(すぐに回収していたこともあって)

しかし、ヒキガエルの脚もこうやってじっくり見ると「表情」みたいなものを感じてしまいますね(笑)。

投稿: 星谷 仁 | 2007.10.02 22:56

最後の写真、ヒキガエル君が、なんか気持ち良さそうに感じるのは
σ(^_^)だけでしょうか。(^◇^;)

投稿: アライグマ | 2007.10.03 08:14

☆星谷さん
毒を持つものは何だか攻撃的な感じがしますが、防衛手段の場合も多いですよね。
ヒキガエルは、蛇に飲み込まれそうになると毒を出す、と聞いたことがあります。


☆アライグマさん
少なくとも、嫌がる様子はありませんでした。(^^ゞ
あ、寒くて動きが鈍くなってたからかも。(^^;

投稿: waiwai | 2007.10.03 20:34

ども。またまた星谷です。
ヒキガエルの毒は防衛用でしょうね。人間にとって特に危険なものでは無いと思います(食べたり、触った手で目などに触れたりしなければ)。ヒキキガエルを飼っている人もいるし(知人にも何人かいます)。

ただ、ヤマカガシ(蛇)にはこの防衛用の毒も通用しないようですね。ヒキガエル(日本産)を平気で食っている姿を何度か見たことがあります。以前某所でも話題になっていましたが、ヒキガエルの毒を再利用してけい腺(首の後ろの毒腺)の毒に蓄えているそうな(鳥などに襲われた時の防衛用と考えられている)。

投稿: 星谷 仁 | 2007.10.04 12:26

☆星谷さん
毒を逆に利用するのもいるんですね!
またまた興味深いお話、ありがとうございます。

投稿: waiwai | 2007.10.04 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20052/16633928

この記事へのトラックバック一覧です: 四六のガマ:

« ミチヤナギ | トップページ | コスモス »