« ハナネコノメと・・・ | トップページ | フサザクラ »

2010.03.23

桜の樹の下には・・・

猫


やっぱり猫。 (^^ゞ


桜


そして陽だまりにも、猫。 (^^)

猫

|

« ハナネコノメと・・・ | トップページ | フサザクラ »

コメント

 あの、サクラの木の下にあるのは、近代日本文学のお約束では死体だってことになってるんですけど。梶井基次郎とかぁ。

 無粋な?グロい? warbler 24/03/10

投稿: warbler | 2010.03.24 00:43

古典に行くと:

願はくは花のしたにて春死なん そのきさらぎの望月の頃
なんて西行もありますけど。

 warbler 24/03/10 ネコでなくてエロースンマヘン

投稿: warbler | 2010.03.24 00:50

良いんです。
((((((((^^;
ここは文学の世界ではなくメルヘンの世界だから。
(^▽^*)

投稿: アライグマ | 2010.03.24 08:04

いいなぁ〜
桜ひとりじめやん。

投稿: あすちー | 2010.03.24 09:00

わぁ~、イイなぁ~、行きたいナ~♪
これは早朝でしょうか?
昼間の桜の木の下は、人間たちで溢れてて、
猫をノンビリ眠らせては呉れそうもないですもの^^;

投稿: リサ・ママ | 2010.03.24 14:30

☆warblerさん
ここは、文学のお約束じゃなく、ネコなお約束優先ですから。 (^^ゞ


☆アライグマさん
はい、そうですね! (^^)


☆あすちーさん
この猫がこんな具合に外に出てるのは、本当に珍しいんです。相当辛い目にあったのか、とても用心深くで、いつも人目を避けてばかり。
やっぱり桜に誘われたのかな。(^^)


☆リサ・ママさん
いえ、昼休み徘徊コースのひとつなんです。
集合住宅の中庭で、平日の昼間はほとんど人と会うことはありません。猫との出会いは、結構あります。(^^)

投稿: waiwai | 2010.03.24 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20052/47891232

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の樹の下には・・・:

« ハナネコノメと・・・ | トップページ | フサザクラ »