« ツマキシャチホコ | トップページ | 林試の森の猫たち2 »

2011.07.27

ナミスジチビヒメシャク・・・

ナミスジチビヒメシャク?
ナミスジチビヒメシャク? '11/07/24 東京都林試の森公園


ごくごく小さな蛾。道の段差の隙間に入り込んだのを見つけてしまいました。
この状態で幅1cmちょっとだったかと。どうしてこう小さいものに目がとまるんでしょうね。(^^;
ナミスジチビヒメシャクというのではないかと思いますが、どうでしょう。


その他、林試の森で見かけた虫たち↓
真面目に樹を見てなかったのがバレバレですね。(^^;


オオホシカメムシ
オオホシカメムシ


アカボシゴマダラとカナブン
アカボシゴマダラとカナブン


カブトムシ
カブトムシ


ウスバカミキリ
ウスバカミキリ


アミガサハゴロモ
アミガサハゴロモ


ヒメジャノメ
ヒメジャノメ


ヨツスジトラカミキリ
ヨツスジトラカミキリ


|

« ツマキシャチホコ | トップページ | 林試の森の猫たち2 »

コメント

昆虫の学名には、新種発見の方に
命名権があったり、命名のルールがあったり
なんでしょうね、きっと。
私が所轄大臣だったら、学名以外に
俗名とか戒名を認めて、学名と併記するよう
ルール改正をするでしょうね、きっと。
(事例)
学名:ナミスジチビヒメシャク
俗名:ガ128

ここにいらっしゃる皆さんからは
大顰蹙でしょうが、私の記憶力では
こんな程度の文字量しか収納できません。

投稿: 昼寝ネコ | 2011.07.27 12:40

☆昼寝ネコさん
学名というのは、ラテン語で表記された世界共通の名前ですね。これには、国際的な命名規則があるようです。
「ナミスジチビヒメシャク」は、日本語独自の「和名」と呼ばれるものですね。

植物の和名は、「ハキダメギク」とか「カスマグサ」とか気分やシャレ(?)で付けられてるのが結構あります。
それに比べると、虫の名前は、色形などの特徴を表現してるのが多いと思います。その分、名前が長くなりがちですが。(^^;

「ナミスジチビヒメシャク」は、波模様のある(=ナミスジ)、とっても小さい(=チビ)、小型の(=ヒメ)、幼虫は尺取虫(=シャク)の蛾 (^^;

これが「ガ128」なんて名前だったら、ますます覚えられません。

投稿: waiwai | 2011.07.28 06:02

講釈を有難うございました。
なるほど、一気に読むから難解なのであって
ナミスジ/チビ/ヒメ/シャク
と考えると、憶えられそうですね。
不思議な気がしますが、そういう世界なのでしょうね。

投稿: 昼寝ネコ | 2011.07.28 12:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナミスジチビヒメシャク・・・:

« ツマキシャチホコ | トップページ | 林試の森の猫たち2 »