« ニッコウネコノメ | トップページ | 何かいる・・・ »

2012.04.13

故郷の景色

山景色

2カ月ぶりの帰省。実家に向かう途中、遠くの山々の景色が目にとまりました。

風は冷たく、まだ桜の季節には入っていませんでしたが、さすがにもうあの景色はありません。(^^;
実家の庭では、背丈の低いチューリップたちが頭を出し始めていました。

チューリップ


|

« ニッコウネコノメ | トップページ | 何かいる・・・ »

コメント

ふるさと に実家が在るのってうらやましいですね。

私にも中学から高校まで6年間住んだ農村があり、
故郷と聞くとその当時の生活や風景を思い出します。

でも、半世紀以上が過ぎそこに住んでいるのは
従弟だけですが、遠景だけは変わりません。

投稿: 田中 肇 | 2012.04.13 19:12

☆田中 肇さん
実は老親をここから東京に呼び寄せようとしたのですが、結局ダメでした。(^^;
うーむ、これからどうしたらいいものか・・・。

投稿: waiwai | 2012.04.13 22:35

東北3県に伺う予定が
つい延び延びになっています。

北海道で独り暮らしの母は来年米寿で
ペースメーカーの世話になりながら
酸欠息切れの日常生活です。
金欠息切れの息子である私は、5月に
母を定期健診に連れて行くため
北海道に行かなければなりません。

なので、その帰りに室蘭から青森、
岩手、宮城、福島と南下してこようと
計画を立てています。
真冬の厳冬時期は、いくら道産子の私でも
すっかり老化してますので自信がなく、
5月の中旬以降ならいいかなと思っています。

自然は、一見何もなかったかのように
力強く生きているんですね。
あれこれ懸念しても仕方がないので
私も、振り返らずに
前を向いて仕事をしていこうと
やっと吹っ切れたように思います。

投稿: 昼寝ネコ | 2012.04.13 23:12

☆昼寝ネコさん
5月の東北はいいですよ。(^^)
なんて、福島県以外はあまり行ったことないのですが。(^^;
何年か前の5月、両親と裏磐梯あたりを巡ったときのことを思い出します。

投稿: waiwai | 2012.04.14 06:15

waiwaiさん

> 実は老親をここから東京に呼び寄せようとしたのですが、結局ダメでした。(^^;
お二人で生活できている間は、今のままで静観しているのがいいと思います。
あの美しい自然と、ご近所のお知り合いなどとの交際があると、精神的にも落ち着いていられると思うからです。

私のことですが、数年一人暮らしをしていた妻が気力が弱わり、1年半ほど前から私のマンションで暮らすようになりました。でも、昔の話が多く、家事も外出もしないです。
時々、一昨年まで住んでいた家に帰りたいと言いますが、送っていくよと言うと「おっくうになった」といって実行にはいたりません。

ご両親もいつか自然に、東京に来なければならない機会がくると思います。説得せずに、心の準備をして待ちましょう。
ただ、帰省されたときは「いつでも東京でお世話するよ」と暗示をかけておかれるのをお忘れなく。

投稿: 田中 肇 | 2012.04.14 18:59

☆田中 肇さん
父は達者なんですが、母のほうが自立歩行が困難な状態で、家事一切に加えて介護まで、全部父がこなしてます。
近所の知り合いも、亡くなったり施設に入ってしまったり・・・隣近所の交流はだいぶ途絶えてきてます。

何とか父を楽にしたいと、たまたま私が住むところの近くに高齢者向け住宅ができたので、そこへの入居をすすめてみました。
最初はかなり乗り気だったのですが、実際に部屋を見たら、狭くて嫌になったみたいです。(^^;

ま、仕方ないですね。公的支援や従姉の手も借りることにして、私もなるべく頻繁に実家に通おうと思います。

投稿: waiwai | 2012.04.14 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20052/54461420

この記事へのトラックバック一覧です: 故郷の景色:

« ニッコウネコノメ | トップページ | 何かいる・・・ »