« 万世橋あたり | トップページ | ベニマシコ »

2014.02.02

イラクサギンウワバ

イラクサギンウワバ


だと思います。

ウチのカイワレ出身のヒラヒラもの。
本日、旅立ちました・・・。


イラクサギンウワバ


イラクサギンウワバ


1ヶ月半前、ウチのカイワレをmgmgしてたところを発見。2匹いました。
ちょっと太めの美しいグリーンのボディから、タマナギンウワバと判断。

イラクサギンウワバ幼虫


「タマナ」なら、キャベツ類が好きだろうと、キャベツの切れ端やブロッコリーの葉を入れたプラスティックの容器に移動。ストッキングを切って被せたら、肌触りが気に入ったのか、ストッキングにぴとっと貼り付いて、間もなく繭を作りました。

イラクサギンウワバ繭


この状態で年を越し、繭から透けて見える本体(?)はだんだん黒くなり・・・いつ羽化するのかな、ちゃんと羽化できるんだろうか・・・とときどき様子を伺ってましたが、昨日から1晩留守にしたら、その間にオトナになってました。
(もう1匹はうまく羽化できず・・・)

オトナの姿は、「タマナ」ではなくて「イラクサ」のようです。
記念写真を撮らせてもらっているうちに、翅を開いてブルブル震わせ出したので、カイワレのところへ。でもそこにはとまらず、ベランダの仕切りにちょっといた後、外の世界へ・・・

次の瞬間、ヒヨドリが! (T_T)/~~~

|

« 万世橋あたり | トップページ | ベニマシコ »

コメント

エェッ??
なんて儚い命・・・
ヒヨドリが、猛禽類みたいに思えました(u_u。)

投稿: リサ・ママ | 2014.02.02 22:01

☆リサ・ママさん
自然の営みのひとつ、と頭ではわかってても、目の前でやられると、やっぱりショックですね。(^^;
私の勝手な好奇心に付き合せてしまいましたが、オトナの姿まで見せてくれたことに、感謝したいです。

投稿: waiwai | 2014.02.03 07:34

思い入れひとしお、の子でしたね............
正統派、緑のイモムシ(と、素人の感情・表現!)から始まって、成長過程を見せてくれて、
最後に、世の無常を教えてくれましたね…

自然界では(って、人間も本来その中なのですが)
きょう在ることそのものが偶然のたまもの、と聞きます、
おごそかな気持ちにさせられます。

投稿: ナッティ | 2014.02.03 14:51

たっ隊長〜
リサ・ママさんに続いて
エっ〜〜エェ〜。
そんなことあるんやねぇ。
それも運命かもしれないけど。
まあ、幼年期を無事過ごせただけでもよかったかなぁ。

投稿: 湖人 | 2014.02.03 18:15

☆ナッティさん
楽しませてもらった後に、「命」の厳しさ、突きつけられました。(T_T)


☆会長!
なんか、子どもに先立たれた親の気分です。(^^;

投稿: waiwai | 2014.02.03 21:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20052/59056461

この記事へのトラックバック一覧です: イラクサギンウワバ:

« 万世橋あたり | トップページ | ベニマシコ »