« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月の38件の記事

2016.06.30

オシドリの幼鳥?

オシドリの幼鳥?


最初、オシドリの♀と思ったのですが、頭あたりのホワホワ感が・・・
羽化したばかりは、カルガモのヒナそっくりなので、このコは若サマといったところでしょうか。


オシドリの幼鳥?


('16/06/27 多摩動物公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.29

バンのシーズン

巣篭りバン


池の中の巣ばかり気にしてたら、

岸近くで、とっくに始まってました。(^^;

バンの親子

バンの親子

バンの親子


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.28

マレーバクの赤ちゃん

マレーバクの赤ちゃん


室内で爆睡中。
何とも撮りにくかったですが、独特の模様を見られた記念写真。(^^ゞ

マレーバクの赤ちゃん


このところ、毎年行っている多摩動物公園。でも、たいがい行くのは春先で、この時季は初めてかもしれません。マレーバク以外にもいろんなお子さまたちを見ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.27

ワタゲツルハナグルマ

ワタゲツルハナグルマ


ちょいと遠回りしたら、新種発見!
私にとって、という意味でですが。(^^ゞ

名前の中の「ワタゲ」は、葉裏に密生する白い毛からですね。

ワタゲツルハナグルマ


ワタゲツルハナグルマ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.06.26

エサキモンキツノカメムシ

エサキモンキツノカメムシ


友だち以上恋人未満・・・といった風情で並んでいるのを見て、今さらながらハートマークの色の違いに気がつきました。

よくよく見ると、メスは卵を抱えています。
傍らのオスは一緒に子育て? ただのオジャマムシ?(^^;

エサキモンキツノカメムシ


近くには、独りでがんばってる姿もありました。

エサキモンキツノカメムシ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.25

ウチワヤンマ

ウチワヤンマ


やっと撮れました。
半月ぐらい前から飛んでる姿は見てたのですが、ぜんぜん留まってくれなくて。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.24

ミミナグサ

ミミナグサ


先日の多摩川観察会で見た花。
最初、新手の帰化植物かと思ったのですが、在来のミミナグサでよさそうです。(^^;
一度花が終わった後、また新たに出てきたんですね。

ミミナグサ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.23

耳が・・・

猫


カットされてる!

チョビ似のコ。
前に見かけたときの様子から、この近くのお宅から出てきたと思い込んでました。

しかし、そうでないなら、もっと頻繁に出会えてもよさそうなのに・・・
とりあえず再会を期して、「チョビニ」と命名。(^^ゞ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016.06.22

オオナミモンマダラハマキ

オオナミモンマダラハマキ


先週末、目黒自然教育園で見かけたヒラヒラもの。
皆さん、トラフシジミに集中している傍らで、私はこの極小美麗系を独り占め。(^^ゞ


オオナミモンマダラハマキ


オオナミモンマダラハマキ


オオナミモンマダラハマキ


オオナミモンマダラハマキ


園内のあちこちで見かけました。どこでも注目されてなかったのは、ぱっと見、葉っぱの上のゴミの風情だからかな。(^^;

オオナミモンマダラハマキ


バックしながらクルクル回るダンス(?)が面白くて、動画でも撮りました。(^^ゞ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.21

1日遅れのストロベリームーン

月


今宵20時少し前の月。けっこう赤いけど、イチゴというよりトマト?(^^;

夏至の頃の満月を「ストロベリームーン」と呼ぶこと、昨日初めて知りました。月の高度が低いために、赤みがかった色になるとか。
昨日が満月だったので、今日は1日遅れのストロベリームーン。(^^ゞ

月


実は昨日も撮りました。でも、雷ゴロゴロする中、あえなく雲の中に消えていきました。色合いはこっちのほうがイチゴっぽかったかな。

月


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイイロニワゼキショウ

アイイロニワゼキショウ


先月の八国山観察会では柵があって近づけず、残念に思ってましたが、目黒自然教育園にもあったんですね。(^^;

アイイロニワゼキショウ


『日本帰化植物写真図鑑』には「子房がニワゼキショウより大きい」といった解説しか載ってませんが、翼の目立つ茎にも特徴がありますね。(別名には「ルリニワゼキショウ」の他に「ヒレニワゼキショウ」というのもあるみたいです)

アイイロニワゼキショウ


アイイロニワゼキショウ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.20

カワラバッタ

カワラバッタ幼虫

上の写真の真ん中あたりにいます。クリックで拡大表示・・・ でも、わからないかも。(^^;

昨日の観察会で見かけたカワラバッタのお子さま。オトナ以上に隠遁の術に長けていました。

ズームしても、こんな具合。(^^;

カワラバッタ幼虫


目立たなさぶりが面白くて、引いて撮ったのと寄って撮ったのをセットで並べてみました。みんな真ん中あたりにいます。(^^ゞ

カワラバッタ幼虫

カワラバッタ幼虫


カワラバッタ幼虫

カワラバッタ幼虫


カワラバッタ幼虫

カワラバッタ幼虫


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016.06.19

最後のショット

猫


4月の終わりごろ、このコが何故かよそのお宅の前にいるのを見かけました。
どうしたかなと思いつつも、いつものように1枚撮らせてもらいました。

それから少しして、このコのお家の植込みのところに、こんなメッセージが出てるのに気がつきました。
あのとき、よそのお宅の前にいたのは、そういうワケだったのかな。

メッセージ


そして、昨夕。出先から戻る途中、その後どうしてるか気になって寄ってみたら、別のメッセージが出てました。(T_T)

メッセージ


いつも通る道ではないけど、ここを通るとたいがい居て、「あ、いたいた」とカメラを向けて1ショット。それが楽しみになってました。
このブログにも何度か登場。その中から、私が気に入ってるもの。
  → 陽なたでゴロゴロ
  → 身のこなしは

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016.06.18

赤い花のイチゴ

赤い花のイチゴ


先日の植物観察会で撮った、数少ない植物の写真。(^^;
イチゴの花、普通は白色で、たまにピンクも見るけど、ここまで赤いのは初めて。

ネットで調べてみたら、もともと観賞用として赤花種のイチゴがあって、その後花も実も楽しめる品種が作られたとか。「紅香」とか「紅茜」とか、いくつか品種があるようですが、私が見たのは春から秋まで収穫できるという「紅茜」のほうかしれません。

赤い花のイチゴ


【更新のお知らせ】
メインサイトのほうの「はな日和」を更新しました。
今回は、先月の八国山観察会の写真。虫多め。植物もそれなりに。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.17

カルガモのシーズン2のその後と、シーズン3

カルガモ


昨日のあさんぽで見たカルガモのヒナたち。先日の子だくさん組ですね。(^^)
その後、しばらく出会えず気になっていました。

親の姿はなくても、これだけ兄弟が多ければ、なんか安心して見ていられます。(^^;
14羽から11羽に減ってはいたけど・・・(どうしても別行動をとりたがるコがいて、まとめて撮れたのは10羽まででした)

カルガモ


そして、シーズン3も始まっていました。
こちらのママはベテランなのか、迷わずエサをもらえる水際へ。

カルガモ

カルガモ


両方のヒナたちの様子を動画でも撮りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.16

オオミドリシジミ

オオミドリシジミ


翅の煌きは、このチラ見せの1ショットだけ。
自ら翅を開いて見せびらかしてたミドリシジミより、こっちのほうが何故かそそられます。(^^;

オオミドリシジミ


その他、先日の植物観察会で見かけたヒラヒラものたちから。(^^ゞ

カノコガのカップル

カノコガ


ベニモンアオリンガの紅紋無しタイプ

ベニモンアオリンガ


他の人の服にぴとっと貼りついた、モモスズメ
私のところにぴとっとしてくれてもよかったのに。(^^;

モモスズメ


下翅の紅色をチラ見させてくれてたのには、後から気がつきました。

モモスズメ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.15

ごっくんごっくん

猫


飲み方からすると「ピチャピチャ」なんでしょうが、こう聞こえるほどの飲みっぷり。


ここのお家のコではないとのこと。でも、自分の居場所と思ってるに違いない、寛いだ様子。

猫


このコも「チョビ」と呼ばれていました。

猫


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.14

シジュウカラの幼鳥

シジュウカラの幼鳥


ほとんどシルエットのボツ写真ですが、ボサボサ頭が惜しくて。(^^ゞ


シジュウカラの幼鳥


エノキの中をチョコマカ動き回るのにしつこくカメラを向けてたら、コッチミンナーされてしまいました。(^^;

シジュウカラの幼鳥


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.13

ネジバナ

ネジバナ


ネジバナが目につくようになってきました。

ネジバナ


接写すると質感が変わって、いつも面白いなと思います。

ネジバナ


【更新のお知らせ】
メインサイトのほうの「はな日和」を更新しました。
今回は先月の多摩川観察会の写真。すでにこのブログにアップ済みのもありますが、鳥写真多め。虫の写真少なめ。イモムシ写真はなし。(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.06.12

オオムラサキ自然観察歩道

存分にモスにまみれた翌日は、甲州でのもう一つのお楽しみ、「オオムラサキ自然観察歩道」を歩きました。
今回は「むし塾」同窓生3人で、森の中、里山、渓流沿いの道・・・ と変化に富んだ観察路を楽しみました。前半は時折雨がパラつく空模様でしたが、「カンカン照りより歩きやすい」と、何処でも幸せを感じやすい私たち。(^^)


山景色を楽しみ、

甲斐駒


鈴なりの木苺に足をとめ、
(ニガイチゴ、でしょうか。1粒つまませてもらいましたが、甘かったです。あ、真ん中に誰かのお尻が・・・)

木苺


身を乗り出しての熱烈な歓迎(?)を受け、

犬


サルマメ、名前がどうにも出てこなかったです。
サルトリイバラじゃない、サルナシじゃない・・・という具合。(^^;

サルマメ


ウメガサソウ、見つけました。(^^)

ウメガサソウ

ウメガサソウ

ウメガサソウ


水田脇では、クララも。

クララ


あ、牛がいた!

牛


渓流がまたいい感じ。

深沢川


オオルリの鳴き声を楽しんでたら、なんと間近に登場!
心の準備ができてませんでした。orz

オオルリ♂

オオルリ♀


日野春から長坂まで約10km、案内図には「歩行時間3時間」とありますが、最後少し端折っても5時間半。私たちには1日がかりのコースですね。
途中にもう少しトイレが欲しい。(^^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016.06.11

甲州の夜を彩る小粒な個性派たち

植物でも虫でも、コマゴマとしたのが好きなんですが、灯火のもとで極小な方々を撮るのは難しくて、あまりカメラを向けませんでした。

それでもついカメラを向けてしまった方々は、いずれもとっても魅力的。もっといろいろ撮ればよかった。(^^;


マダラエグリバ
ゴールドな感じの方。名前に「金」を入れて欲しい!

マダラエグリバ

マダラエグリバ


ウスイロギンモンシャチホコ
尾っぽみたいなところが気になって、つまんでみようとしたら、やっぱり逃げられました。(^^ゞ

ウスイロギンモンシャチホコ

ウスイロギンモンシャチホコ


カキノヘタムシガ
ホントに小さくて姿をとらえきれなかったのですが、2枚の写真を見比べて、1脚には毛がなくて、2脚には少し毛があって、3脚はモサモサ、という具合みたいです。
名前が示すように、お子さまは柿の害虫ですね。

カキノヘタムシガ

カキノヘタムシガ


その他にも、アオシャク系、ノメイガ系、ヒトリガ系、エダシャク系、ドクガ系・・・ と、まだまだあるんです。(^^;
でも、とりあえずここでひと区切り。翌日歩いた「オオムラサキ自然観察歩道」のアレヤコレヤを見せびらかそうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今朝の風景

荒川風景


今朝、4時半ごろの川岸からの眺め。
梅雨とは思えない景色。(^^;

カノコガがヒラヒラ飛び回ってるのを見かけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.10

甲州のコケを喰むものたち

正確にはお子さまのときに地衣類を喰んで育った方々(ヒトリガ科コケガ亜科)ですが、いろいろやってきて、甲州の夜を彩ってくれました。


アカスジシロコケガ
前にもどこかで・・・ 4年前の御岳山でした。

アカスジシロコケガ

アカスジシロコケガ


モンクロベニコケガ
スジベニコケガと間違えました。(^^;

モンクロベニコケガ


オオベニヘリコケガ
背景が・・・ (^^;

オオベニヘリコケガ


ハガタキコケガ

ハガタキコケガ


ゴマダラベニコケガ
これは翌朝、宿近くで。

ゴマダラベニコケガ


名前に「コケ」は付いてないけど、ホソバの仲間もコケガ亜科、コケを喰むものたちだったんですね。

クビワウスグロホソバ

クビワウスグロホソバ


ヨツボシホソバ♀
♂もやってきましたが、写真はイマイチでボツ。(^^;
 →3年前に甲州で見た♂

ヨツボシホソバ♀


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツバメ

ツバメ


今年巣立ったコでしょうか。近くの電線で、しばし寛いでいました。
仕草が可愛くて、動画でも撮ってしまいました。


下の写真は、先日甲州で見たヒナたち。

ツバメ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.09

甲州の夜のパンダさん

マルモンシロガ


白地に丸い大きな紋が目立って、みんな「パンダ」と呼んでいた、マルモンシロガ。

凝った部分もあるんですけどね。

マルモンシロガ


しかし、どの向きから撮っても、やっぱりパンダ紋が一番目につきますね。(^^;

マルモンシロガ

マルモンシロガ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

テリハノイバラ

テリハノイバラ


昨日のあさんぽで見た花。
ウチの近所では、まだここ1カ所しか見つけてません。

花盛りでしたが、姿かたちを選ぶと案外難しくて、ちょっと痛い目にあいました。(^^;

テリハノイバラ


いっぱいあるノイバラのほうは、既にこんな状態。花期がかなり違いますね。

ノイバラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.08

甲州の夜の葉っぱ(?)たち

「イモムシ塾」後の灯火観察会では、スズメ以外にも様々に個性的な方々がやってきました。
その中から、大柄な方々をご紹介。

ホシカレハ
「枯葉」・・・ 角度によってはそう見えないこともありませんが、

ホシカレハ


豊満ボディが「枯葉」のイメージを壊してますよね。(^^;

ホシカレハ


正面顔は、なんか別の生き物に見えるし。

ホシカレハ


カキバトモエ
最初、カギバガの仲間かと思ったのですが、違いました。「カギ」じゃなくて「カキ」 (^^;
カキバ:柿葉 翅の裏側が紅葉した柿の葉のような色なんだそうですが、残念ながら確認できませんでした。

カキバトモエ


天井でバタバタしてて、そのうちじっととまったままになって、いつの間にか姿を消してました。

カキバトモエ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カルガモのシーズン2

カルガモの親子


近所の公園でのシーズン2、始まりました。
今回はとっても子だくさん!


カルガモの親子


先回のシーズンの子は、だいぶ大きくなってました。

カルガモの幼鳥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.07

キアシドクガ

キアシドクガ


イモムシ塾の観察会でのヒラヒラものを、もう一つ。
羽化したばかりのキアシドクガを見かけました。

横から見ると、やっぱりシロチョウ系に見えますよね。(^^;
名前に「ドクガ」とついてるけど、毒はないようだし。

キアシドクガ


間もなく翅を開いて、よく見る形になりました。

キアシドクガ


蛹もありました。

キアシドクガ


それから、下の写真は翌朝宿の近くで見かけたコ。

キアシドクガ

キアシドクガ

キアシドクガ

キアシドクガ


キアシドクガを初めて見たのは、ちょうど10年前の虫の日でした。
この年、目黒自然教育園でのキアシドクガによるミズキの食害、ピークだったようです。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミドリヒョウモン

ミドリヒョウモン♀


先日のイモムシ塾の観察会で見かけたコ。

翅裏の緑色が印象的で、反対側からもシゲシゲと。

ミドリヒョウモン♀


しばらくすると、翅を開いてくれました。 ・・・せっかく表も見せてもらえたけど、ワタシ的には裏側が好き。(^^;

ミドリヒョウモン♀


 → 翅の表が緑がかってたコ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.06

甲州の夜のスズメたち

灯火観察会


「イモムシ塾」に参加した夜は、オオムラサキセンターのスタッフの方々のご協力を得て、モスまみれな夜となりました。(^^)

大小さまざまなヒラヒラものたちが次々と。嬉しいやら悩ましいやら・・・ とりあえず、誰だかわかりやすいスズメたちをアップ。(^^ゞ


コスズメ

コスズメ


ベニスズメ

ベニスズメ

ベニスズメ


ビロードスズメ

ビロードスズメ


エゾスズメ

エゾスズメ

エゾスズメ


クルマスズメ

クルマスズメ

クルマスズメ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.05

ムーちゃん

オオムラサキの幼虫


葉っぱの穴からこっちを見てるムーちゃん(オオムラサキの幼虫)

実は、エノキの葉の上にいたのを、顔を見せてもらいたいと、私が葉をひっくり返したのです。(^^;

オオムラサキの幼虫


その後、アイドル顔のアップも撮らせてもらえました。(^^)v

オオムラサキの幼虫


昨日「虫の日(64の日)」に、北杜市オオムラサキセンターで開かれた「イモムシ塾」に参加。『イモムシハンドブック』著者で生きもの写真家の安田守さんと野外観察したり、興味深いお話を伺ったり、とイモ虫毛虫を堪能しました。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.04

ミドリシジミの♀

ミドリシジミ♀


実は、今回のプチ遠出のメインターゲットは、ミドリシジミの♀。(^^ゞ
でも、すぐに翅を開いてみせる♂と違って、♀は手ごわくて。なんとか翅の表が見えるように撮れたのは、上のショットだけでした。(^^;


それでも、さまざまに魅力的なヒラヒラものたちに出会えたので、やっぱり出かけてよかったです。(^^)

イチモンジセセリ

イチモンジセセリ


ホソミスジノメイガ

ホソミスジノメイガ


キエダシャク

キエダシャク


ハガタキコケガ

ハガタキコケガ


キマダラセセリ

キマダラセセリ


チャオビヨトウ

チャオビヨトウ


ウスグロアツバ

ウスグロアツバ


トビイロリンガ

トビイロリンガ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.06.03

ミドリシジミ

ミドリシジミ


昨日のプチ遠出、目的地に着いたとたん、このコが煌く翅を広げて出迎えてくれました。

いっぱいいました。

ミドリシジミ


横から撮って、

ミドリシジミ


前から撮って、

ミドリシジミ


すぐにお腹いっぱい。σ(^^;)

一瞬でしたが、ウラナミアカシジミやミズイロオナガシジミも見かけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.02

富士山

富士山


今朝5時15分に家を出て、プチ遠出。(^^ゞ
目的地近くで、また富士山の眺めを楽しみました。

手前の田んぼの景色がいい感じだったんですが、富士山が朧になってしまうんですよねぇ。(^^;
(クリックで拡大表示していただくと、いくらかマシかも)

富士山


先回と同じものにカメラを向けてました。

木立


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.01

食後・・・

猫


うまかったにゃぁ

猫

猫


でも、こちらの方々、まだみたいです・・・ (^^;

猫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虹


ウチのアドベンチャーからの写真。

田植えはそろそろ終わりとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガビチョウの水浴び

ガビチョウ


日曜日の観察会で、ガビチョウが水浴びしてるのを見ることができました。

声が大きくて疎まれがちですが、仕草はかなり可愛い。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »