« 台湾で見たカメムシ、甲虫、その他いろいろ | トップページ | 台湾の猫たち その3 »

2016.08.05

台湾でのショクブツ観察

どうしてもヒラヒラチョロチョロのほうに目が行って、植物観察のほうは薄くなってしまったので、代わりにこちらのショクブツ(食物)関係を。(^^ゞ


先回も頼んだ「炒山蘇」
シダ植物、オオタニワタリの仲間(シマオオタニワタリ?)「山蘇」の新芽の炒め物。強い味はないけど、滋味があって、歯ざわりが良くて、何とも美味しい。(^^) 一緒に入ってるジャコからのダシが効いてました。

炒山蘇


「炒高麗菜」
キャベツの塩炒め。メニューの「高麗菜」に好奇心を刺激されて注文したけど、キャベツのことでした。(^^;

炒高麗菜


下の写真は、先回行ったときに撮ったもの。山蘇も高麗菜も写っていました。
店先にズラッと食材を並べて、お客にアピール。

店先の食材


今回行った士林夜市でも、こんな具合。海鮮食材と一緒に立派なエリンギが並べられていました。

士林夜市


これも食材。オニテナガエビ?

オニテナガエビ?


大きなスーパーの野菜売り場にて。中央の紫色のは、細長~いナス。
左端のはセロリ。日本のと比べるとかなり細め。炒め物によく使われていました。

野菜売り場


繁華街の大通りをちょいと脇に入ったところにある市場。日常的な食材は、こういうところで買ってるんでしょうね。

市場


コンビニのビール売り場。ほとんどがロング缶。日本のメーカーのも並んでましたが、外観がかなり違う。いくつかジャケ買い(?)しましたが、普通の台湾ビールが一番美味しかったです。(^^;

ビール


ペット茶もロングサイズばかり。日本で売ってる同名の製品とは別ものでした。これはこれで美味しかったけど。

ペット茶


最終日、自由行動のときに見つけた持ち帰り専用のお寿司屋さん。使われてるネタが面白かったです。
コーンもエビもカニもウニ(?)も、1個10元(30円ちょっと)。

寿司


|

« 台湾で見たカメムシ、甲虫、その他いろいろ | トップページ | 台湾の猫たち その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20052/64013838

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾でのショクブツ観察:

« 台湾で見たカメムシ、甲虫、その他いろいろ | トップページ | 台湾の猫たち その3 »