« 越冬ムーちゃん | トップページ | お向かいさん »

2016.12.17

ミスジチョウの幼虫

ミスジチョウの幼虫


多摩森林科学園で出会えたお子さまをもうひとつ。

カエデの葉にぴとっとくっついて・・・


その葉はこんな具合。たった1枚残った葉に身を委ねてるという状態なんですが、

ミスジチョウの幼虫


葉が落ちないように自らの糸で補強しているのが、何とも健気でした。

カエデ


|

« 越冬ムーちゃん | トップページ | お向かいさん »

コメント

初めまして。なかなか虫たちに出会えない季節ですが、枯れた葉裏の蛹がいて、さらに葉が落ちないように付け根を補強しているという内容に、冬の出会いへの意欲を掻き立てられました。
ところで、2012.06.27のハキリバチですが、スミゾメハキリバチ(ムナカタハキリバチ)のようです。《日本産ハナバチ図鑑〜文一総合出版参照》
メス、オスともシーズンには何度か訪花しているところに出会えていますが、巣作りのシーンはお目にかかったことがありません。
メスは真っ黒で目立ちますし、オスはなんとも愛らしい種ですので、上質なカメラ術でその姿をとらえてUPしていただけたら詳しい生態解明につながると思います。

投稿: 飛行機雲 | 2016.12.17 15:00

☆飛行機雲さん
カエデの葉裏にいたのは、幼虫なんですよ。
確かに蛹っぽいですね。

ハキリバチについて、ご親切にありがとうございます。
残念ながら、その後ここではハキリバチの姿を見てません。
巣が作られていた手すりは交換されてしまいました。
もしかしたら、と期待してときどき見てるのですが・・・

投稿: waiwai | 2016.12.17 18:56

健気な補強が、このコが育つまでちゃんと役に立つのかしら…と、心配します。

カエデの芽の紅色も素敵ですねえ~^^
枯野とは、俳句の世界では「芽吹きを秘めている」という意味、と友人に教わって(知ってる人にはトーゼン?)
芭蕉の辞世の句への解釈が180度変わりました!

あ、基本的に芋虫毛虫蛹好き、以前は大人(ひらひら~)が怖かった口(くち)です。へん?

投稿: ナッティ | 2016.12.18 11:20

☆ナッティさん
ですよね。この枯葉1枚に身を託す心細さを思うと、心震えます。って、私がここで冬越しするわけではありませんが。(^^;

冬芽、いいですよね。寒い季節の楽しみのひとつです。

投稿: waiwai | 2016.12.19 05:57

waiwaiさん、コメントありがとうございます。タイトルを見落としていました。幼虫なんですね。虫たちの冬越しは卵や蛹、もしくは成虫でじっと越冬なんだろうと思い込んでいました。形といい色合いといいカッコイイ擬態です!
ミスジチョウは出会ったことがないのですが、よく出会うコミスジを調べると、これも幼虫で越冬することがわかりました。まだ見つけたことがないので、冬の散策の楽しみにします。
スミゾメハキリバチの営巣場所は交換されたのですね。ハチというだけで人間に怖いと思われて駆除されたりしますし、残念ですね。人がすると手間のかかる花粉運びや、芋虫などの害虫退治をしてくれることを、もっと広く知っていただきたいですね。
めげずに頑張れ〜。

投稿: 飛行機雲 | 2016.12.21 11:06

☆飛行機雲さん
そうなんです。
ハチ→刺す→怖い→駆除、とまっしぐらにやられてしまうことがあって、残念です。(^^;

様々な工夫で寒い時季を乗り切っていく姿は、本当に感動ものですよね。
この冬もいろいろ楽しませてもらおうと思っています。(^^)

投稿: waiwai | 2016.12.21 18:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20052/64635161

この記事へのトラックバック一覧です: ミスジチョウの幼虫:

« 越冬ムーちゃん | トップページ | お向かいさん »