« ほふく前進・・・ | トップページ | マツノキハバチ »

2018.11.12

ふるさと発見ツアー@橋本農場

私の「ふるさと発見ツアー」第9回。今回は郡山市の橋本農場さんにお邪魔して、収穫体験&スペシャルなランチ。(^^)

まずはトマトのビニールハウス内に設営されたテーブル席で、ウェルカムドリンクを楽しみました。
いつものことながら、楽しいテーブルセッティング。立派なロマネスコがどーん。箸置きのセンス、いいですよね。(^^)

テーブルセッティング


なんと!ウェルカム焼き芋まで。めんげ芋の焼き芋、ねっとり甘くて美味しいです。

焼き芋


橋本農場四代目の橋本一弘さんや鈴木農場の鈴木光一さんから、農業や郡山ブランド野菜についてのお話を少しだけ伺って、「実際に見てもらったほうが早い」と畑へ。

よく手入れされた畑が広がる、何とも気持ちいい風景。山が見えるのも、私にはとっても落ち着くぅ(笑)。

畑


畑の中に、ウェルカム焼き芋を作った焚火の煙も見えました。

畑


さて、収穫体験は、キャベツ(冬甘菜)、ダイコン(カブも選択可)、ニンジン(御前人参)の3種。
キャベツは、帰りのことも考えて小ぶりのを選んだはずなのに、後で測ってみたら3㎏近くありました。(^^;

普通の白いダイコンの他に、外側が紅いダイコン、緑色のダイコン、中まで紅いダイコン。カブも白い「あやこ姫」や赤カブもあって、どれにするか悩ましい。(^^; 結局、中まで紅いダイコンにしました。

収穫した野菜


そして、スペシャルなランチ。少しだけ見せびらかし。(^^ゞ
若いシェフが繰り出す「奥会津牛と郡山ブランド野菜の懐石コース仕立て」は、和食+αという感じ。

メニュー


どれも美味しくて、お代わりしたい!と思いました。(^^;
中でも「椀替わり」のスープは、ずーっと飲み続けていたい優しい味。テールスープに和食のだしを加え、それにタマネギ(万吉どん)の甘さがベストマッチでした。
それから、ご飯。メニューに「猪ノ鼻茸」とあったのはどんな茸かと思ったら、シシタケ(コウタケ)でした。シシタケの炊き込みご飯は、子どもの頃からのご馳走ですが、里芋も入っているのは初めてかも。懐かしくて新しい美味しさでした。

料理


食事の後は、畑のプチマルシェでお買い物。
赤ネギとか春菊とか欲しい野菜がずらっと。発送もしてもらえたのですが、残念ながら当日持ち帰らないといけない事情があったので、諦めました。でも、フェンネルの大株だけはゲット。
(初めは色とりどりの野菜がぎっしり並んでいました。下の写真は、皆さんのお買い物が一段落したところで撮ったので、かなり隙間ができてしまってますね。(^^; )

マルシェ


毎回大活躍のフードカートを記念撮影。

フードカート


送迎バスを待つ間、畑に紫色の小花が咲いているのを見つけました。ヤマラッキョウに似ている・・・ 橋本さんにラッキョウと教えてもらいました。確かに、畑の作物ですもんね。(^^;

ラッキョウの花


今回は収穫体験に夢中になってしまいましたが、次は多品種栽培を得意とする橋本農場さんのいろいろな作物を見て回りたいな、とまたお邪魔する気満々。σ(^^;)

|

« ほふく前進・・・ | トップページ | マツノキハバチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふるさと発見ツアー@橋本農場:

« ほふく前進・・・ | トップページ | マツノキハバチ »