« 2019年9月 | トップページ

2019年10月の20件の記事

2019.10.21

今朝の風景

Aa48ad9847d44ef8bec5317d3a00a29f

昨日から台湾方面に来ています。

今朝は暗いうちから宿の周辺をうろつきました。何処でもやることは同じ。(^^;

| | コメント (0)

2019.10.20

オオシロカラカサタケ・・・

D191020ooshirokarakasa


だと思いますが、どうでしょうか。

D191020ooshirokarakasa2


土手上の草むらで、存在感出してました。

D191020ooshirokarakasa3


ふっくら焼けたパンとか、焼きまんじゅうとか・・・ なんか美味しそうにも見えますが、残念ながら有毒なんだそうです。(^^;

D191020ooshirokarakasa4

| | コメント (0)

2019.10.19

アオアツバ

D191019aoatsuba


出先から戻ったら、嬉しいお出迎え。
玄関わきの壁、ポチっと黒っぽい三角のが目についたので寄って見たら、やっぱり。(^^)v

D191019aoatsuba2


名前の「アオ」は光を当てると翅が青く光って見えるからとか。次に来てくれたら、それを確かめさせてもらいたいな。

D191019aoatsuba3

| | コメント (0)

2019.10.18

洪水・・・ その後

D191018arakawa


今朝の様子。5日前と比べて、だいぶ水が引いていました。

法面にできたゴミの茶色いライン。ここまで水が来ていたのでしょうね。

D191018arakawa2

 

青空ねこカフェあたりまで行ってみました。泥が脇に寄せられ、猫たちのところまで行けるようになっていました。

D191018neko


今日はこのコだけがお出迎え。

D191018neko2


奥のほうにも何匹かいました。

D191018neko4

D191018neko5

 

猫たちが寛いていた椅子やテーブルは無くなっていました。
流れ着いたゴミが樹の上のほうにまでからまっていて、どんなに水位が高かったかがわかります。
みんな、この樹の上に避難してたのかな・・・。

D191018neko3

| | コメント (2)

2019.10.17

冬ガモシーズンの始まり

D191017ike


昨日の近所の公園。冬ガモが4羽、今シーズン初見です。

キンクロハジロ♂

D191017kinkuro


キンクロハジロ♀
公園の見た鳥を記すホワイトボードに「スズガモ」とあったけど、このコかな。

D191017kinkuro2


オナガガモ♂

D191017onaga


換羽中のオナガガモ♂、かな。

D191017onaga2

| | コメント (0)

2019.10.16

気になる・・・

D191016neko


先日の観察会で出会ったコ。

このまあるい顔、タイプです。(=^・^=)

D191016neko2


にゃあにゃあ声をかけながら寄ってみましたが、逃げられました。でも、すぐには行ってしまわず、何度もこっちを見ていました。その様子がまた可愛い。(=^・^=)

D191016neko3

D191016neko4

| | コメント (0)

2019.10.15

モモスズメと・・・

D191015momosuzume


昨日の観察会での(解散後でしたが)嬉しい出会い。(^^)
ファミレス前の縁石にひっそりいたところを、観察中毒の仲間が見つけてくれました。

その場ではクチバスズメとしか出てきませんでしたが、モモスズメのほうでした。(^^;

D191015momosuzume2


手乗りの誘いも受けてもらえました。(^^)

D191015momosuzume3

D191015momosuzume4

 

コヨツメアオシャクは、下見のときに。
ツユクサの葉からはみ出て見えていたのを、ダメもとで葉をひっくり返したら、撮影に付き合ってもらえました。ちょっとの間だけでしたが。(^^;

コヨツメアオシャク

D191015koyotsume2

D191015koyotsume3

| | コメント (2)

2019.10.14

洪水・・・

D191014kawa


昨日のウチの近所の荒川の様子。
朝、出がけに土手に上ってみて、びっくり。ゴルフ場と川の境目が完全に消えて、大河状態になっていました。
2年前にも台風でゴルフ場が水没したけど、これほどではありませんでした。

明け方、月や空を撮りつつ「雨は長く降ってたけど、それ以外はたいしたことなかったんじゃないか」なんて呑気に思ってましたが、甘かったです。

D191014kawa2

D191014kawa3

 

夕方、また土手に上がってみました。水位に変化があるようには見えませんでした。

D191014kawa4


赤水門にも行ってみました。かなりの部分が水の中。(→ いつもの赤水門

D191014kawa5


水位表示の7.48mのところに、「s33.9.27 鹿野川台風」の記載がありました。

D191014kawa6

| | コメント (2)

2019.10.13

今朝の月と・・・

D191013tsuki


今朝4時少し過ぎの西の空。
沈もうとしている丸い月が見えました。

D191013tsuki2


その約1時間後の東の空。
次々と報道される台風19号の被害状況。同じ空の下で起こっているとは・・・。

D191013sora

 

昨日は終日雨が降っていて、夜中に近くの川が氾濫危険水位を超えたと洪水警報が出たときは、ちょっと慌てました。でも、風向きも幸いしてウチは被害無しです。

【更新のお知らせ】
メインサイトのほうの「はな日和」を更新しました。今回は先月の八国山観察会の写真です。

| | コメント (0)

2019.10.11

ハグロトンボのマーキング

D191011hagurotonbo


久しぶりのハグロトンボ、とカメラを向けて、翅の縁がポチっと白いのに気がつきました。ハグロトンボの翅ってこんな白紋あったかな・・・

別の場所に反対向きにとまったのを見て、びっくり!
:15? 115?

D191011hagurotonbo2


近くで♀も見ました。撮れなかったけど、反対側の翅は同じようにマーキングされていました。

D191011hagurotonbo3

 

アサギマダラの移動状況調査のためのマーキングは知っていましたが、ハグロトンボのマーキングは初めて見ました。ハグロトンボの場合は生息数調査でしょうか。
私が見た場所の近くの郷土文化館のサイトに、数年前のマーキング調査の様子が掲載されています。その後、郷土文化館の取り組みとしてはやっていないみたいですが・・・

| | コメント (0)

2019.10.10

ツノナス(フォックスフェイス)

D191010tsunonasu


昨日は観察会の下見に参加。
歩き出して間もなく、畑の縁にずらっと植えられた見慣れない作物が目にとまりました。
ナス科とはわかるものの、その先が・・・

D191010tsunonasu2


畑にあったので、珍しいナスの品種かと調べてみましたが、思うようにヒットせず。
花の形を改めて見て、ナスの花とはちょっと違う・・・ というわけで、ナス科全体の花で検索。すぐに「ツノナス」に行き当たりました。
別名「フォックスフェイス」、キツネの顔のような実が花材に使われる、あれですね。

D191010tsunonasu3


葉や茎に鋭い棘があることから「ツノナス」。でも、棘の無い品種が流通していて、私が見たのもこっちのようでした。

D191010tsunonasu4

 

あれこれ検索したり写真を整理したりしているうちに、なんか前にも見たことがあるような気がしてきました。
で、過去記事を掘ってみたら、ああやっぱり、6年前に見ていました。(^^; 今回は花だけでしたが、そのときは若い実も見ていました。

| | コメント (0)

2019.10.09

シロツバメエダシャクと・・・

D191009sirotsubame


キノコを探していて何度か見かけたコ。ツバメエダシャクの仲間の誰か・・・見分けポイントの顔を見せてもらおうと手乗りに誘ったら拒否られ、葉っぱ乗りになりました。(^^;

櫛状の触角は、似た仲間の中ではシロツバメエダシャクの♂のみとか。

D191009sirotsubame2

D191009sirotsubame3

 

ビロードナミシャク
もっと美しい翅が映えるところにとまってほしい、といつも思います。

D191009namisyaku

D191009namisyaku2

 

ホシホウジャク
長い口吻でもまだ足りないようで、ツリフネソウの花に頭を突っ込んでいました。

D191009hosihojaku

D191009hosihojaku2

| | コメント (0)

2019.10.08

セキヤノアキチョウジとアケボノソウ

D191008akichoji


キノコ三昧の集いで出会ったキレイどころ2種。

セキヤノアキチョウジは、何か所かで見かけました。
他の草と倒れ込んだ情けない状態のを見ることが多いのですが、今回は見事な花姿を見ることができました。

D191008akichoji2

D191008akichoji3

D191008akichoji4


淡い色のもありました。

D191008akichoji5

 

アケボノソウは前にも見た場所で。

D191008akebonoso

D191008akebonoso2

D191008akebonoso3

| | コメント (2)

2019.10.07

キノコ、キノコ・・・

D191007kinoko


キノコ三昧の集いは、まず食材探しから。でも、今年は長く続いている暑さのせいで、まだキノコがほとんど出ていませんでした。

その中でちょっとにぎやかだったエリマキツチグリ。食べられないんですけどね。(^^;

D191007kinoko2


結局、まとまって採れたのはハタケシメジだけでした。

D191007kinoko3


それでも、前もって用意してくださっていたキノコやその他の食材で、贅沢な宴となりました。

(写真上段)料理の説明は私の独断メモ。

 ・ワカサギから揚げ、ニオウタケのマリネのせ アオミズ、ミョウガ添え
 ・鹿肉のロースト ミョウガ、間引きニンジン

(中段)
 ・焼きカボチャ、バルサミコソース
 ・茹で落花生
 ・熊肉のソテー ハタケシメジのソテー
 ・青ナスとリンゴのサラダ
 ・キノコのスープ

(下段)
 ・キクラゲのオムレツ 水菜、赤オクラ
 ・キノコ入りラグー・パスタ

D191007kinoko4

その他ナスやゴーヤを使った料理などなど、あと何品か撮れてませんでした。しっかり食べましたけど。(^^;


翌日の朝食は、キノコ入りリゾットを中心に。リゾット、お代わりしました。(^^ゞ

D191007kinoko5


朝食後は、林道へ。やはりキノコは出てませんでしたが、秋の花を愛でつつのんびり散策。
その後の昼食は、キノコうどん、茹でオクラ、天ぷら(ゴボウ、シシトウ、ショウガ、カボチャ、間引きニンジン、ミョウガ)

D191007kinoko6

 

という具合に、今年のキノコ三昧の集いも満ち足りたものになりました。(^^)

| | コメント (2)

2019.10.06

今朝の風景

D191006kemuri


昨日から泊りがけで、キノコ三昧の集いに参加してきました。

昨夜は、次々繰り出される様々に美味しい料理を堪能し、バタンキュー・・・ ここまでは一年前と同じ。(^^;

今年は私にしては寝坊して、あさんぽから戻ると、薪ストーブからの煙が立ち上っていました。

下は、昨朝ウチの最寄り駅からの眺め。ここから富士山が見える季節になりました。

D191006fujisan

 

ふと、いつからキノコ三昧の集いに参加するようになったんだろうと、過去メールを掘ってみました。
最初に参加したのは2002年10月で、メインサイトのほうも未開設。一番古いのは、翌2003年にメインサイトにアップした記事でした。

| | コメント (4)

2019.10.05

ビロードハマキ

D191005hamaki


近所の酒屋がいつの間にか学習塾に変わっていたのに、びっくり。その私の視界を何かオレンジ色のヒラヒラものが横切っていきました。ツマグロヒョウモンなんかよりは小柄・・・ もしかしたらと入り込んだ植え込みをのぞき込んだら、やっぱり!(^^)

ツツジの葉に移ったところで、手を差し出してみたら、

D191005hamaki2


すんなり乗ってくれました。(^^)

D191005hamaki3

D191005hamaki4


いろいろ撮らせてもらって、またツツジの葉の上へ。
別れ際にもう1ショット。ボケボケですが、可愛く写っていたのでボツにできない。(^^;

D191005hamaki5

| | コメント (0)

2019.10.04

クルマバザクロソウ

D191004zakuroso


ご近所道端植物観察メモ。9月に見たのを今ごろアップ。(^^;
たまに通る道で、縁石と歩道の隙間からクルマバザクロソウが出ているのを見つけました。

同じ歩道沿いに、もっと大株で花盛りのもありました。

D191004zakuroso2

D191004zakuroso3

 

・・・そのまま記憶の底へ。(^^;


それから3週間余り。
何故かふと思い出し、また行ってみました。
もう抜かれてしまってるかもと覚悟しつつ・・・ 無事に残っていて、まだ花も見られましたが、多くは次のステージに進んでいました。

D191004zakuroso4

D191004zakuroso5

 

【更新のお知らせ】
メインサイトのほうの「はな日和」を更新しました。今回は、8月末の多摩川観察会の写真です。

| | コメント (2)

2019.10.03

ウスグモスズ

D191003usugumosuzu


先日の植物観察会で出会った虫から。(^^ゞ
また2年ぶりの遭遇。

今回は長翅型も見つけました。このボケ写真だけなのが残念。

D191003usugumosuzu2

| | コメント (0)

2019.10.02

ふるさと発見ツアー in 玉川村

私の「ふるさと発見ツアー」第15回。今回は、初めて訪れる玉川村でのサルナシ三昧ツアー。

サルナシは、キウイフルーツと同じマタタビ科マタタビ属のつる植物。奥多摩地方などで何度か見かけましたが、口にしたことはありませんでした。キウイの原種と言われるほど味はキウイそっくり、いやキウイ以上に美味しいという実を味わえると、楽しみにしていました。

まずは、サルナシ畑の中を通って、見晴らしのいい場所へ。

D191002hatake


今回のウェルカムドリンクは、サルナシのジュース。
キウイ味のジュースを予想していたら、なんかちょっと違う・・・ その理由は後からわかりました。

D191002juice


グラスの底に残ったサルナシの実。もちろん食べました。見た目も味も小さなキウイ。

D191002juice2


「さるなし生産組合」の塩田さん、大和田さん、「道の駅たまかわ」の穂積さんから、サルナシや玉川村についてお話を伺いました。
玉川村にもタダモノデナイ方々がいました。(^^)

サルナシは様々なビタミンや酵素を豊富に含む滋養強壮食品だそうで、生食の場合は5粒までにしたほうがよいとか。
配られた食べごろの1粒を、美味しい食べ方は「大福を食べるように」皮と果肉を一緒に、と指導を受けてから、パクッ。あ、ジュースを飲んだ時の「キウイジュースとはなんか違う」がわかりました。果肉の味はキウイに似てますが、皮が違う。酸味と渋み、食感がブドウの皮に似ていると感じました。その皮も一緒に絞ったジュースだから、キウイジュースとは味が違うと感じたのでした。

そして、塩田さんの畑で収穫体験。
柔らかい実は、そのまま口へ。あ、「5粒まで」は守りましたよ。(^^ゞ

D191002sarunashi


鈴生りの実。

D191002sarunashi2

D191002sarunashi3


渡されたパックに山盛り摘んじゃいました。(^^;
今回のツアーのスペシャルなお土産。

D191002sarunashi4

 

収穫体験の後は、サルナシづくしのイタリアンなランチ。
ランチ会場も、サルナシ畑の中。

D191002table

D191002table2


この日のメニュー。

D191002menu


例によってこの日いただいた数々の美味しいものを、ちょいと見せびらかし。
最初に出てきたバターナッツというカボチャを使ったスープ。上にかかっている白いのは、サルナシのしぼり汁を泡立てたものとか。サルナシの酸味が、いい感じにスープの味を引き締めていました。
リゾット(写真下中央)は、もう1玉、お代わりしたかった。喜多方でサフランが栽培されていること、初めて知りました。
サーモンの上にのっているのは、キノコ(エリンギ、シメジ、マイタケ、マッシュルーム)のみじん切りをじっくり炒めたもの。滋味がじんわり、美味しかったです。

D191002lunch


おさるさんの絵が可愛かったので、隣の席の方のさるなしサイダーをお借りして記念撮影。その後、少しいただいてしまいました。(^^ゞ
そのまま飲めば美味しいでしょうが、食事と一緒だとちょっと甘すぎかな。甘さを抑えたオトナのさるなしサイダーが欲しいと思いました。

D191002cider

 

食事の後は、道の駅「たまかわ」へ。並べられた野菜の種類が豊富でついいろいろ買ってしまい、ヨッコイショ状態で帰宅しました。
子どもの頃、玉川村の近くの町に住んでいたことがありましたが、「玉川村」はただ聞き覚えのある地名というだけでした。今回のツアーのおかげで、私の「ふるさとの白地図」の玉川村のところにちょっと色が付きました。(^^)

 

【おまけ画像】
6月に行った寒風沢島で見たサルナシの花

D191002sarunashihana

D191002sarunashihana2

D191002sarunashihana3

| | コメント (0)

2019.10.01

再会 (=^・^=)

D191001neko 

この色合いから、
もしかしたら・・・

D191001neko2


やっぱり、あのコでした。(=^・^=)

D191001neko3

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ