« 柿食う最後の客 | トップページ | 木星と土星の大接近・・・ »

2020.12.21

優曇華(うどんげ)

クサカゲロウの卵


クサカゲロウの卵、久しぶりに見つけてカメラを向けました。が、1つずつの形をうまくとらえられませんでした。(^^;

ときどき見かけるけど、こんなにまとまってついてるのは初めてかも。
これだけの数の卵、どんなふうに産んでどんなふうに付けていくのか、見てみたいものです。

クサカゲロウの卵

クサカゲロウの卵

 

しばらく遠出はしていないものの、徒歩圏内を毎日うろうろ出歩いてばかりいたら、友人が「のらんぽ名人」という称号をくれました。(^^;
名人か迷人かはともかく、「のらんぽ」はちょっと気に入りました。

早朝徘徊とか昼休み徘徊とか、長いこと「徘徊」を使っていましたが、「あさんぽ」という言葉を知り、そのときから早朝徘徊→あさんぽへ。

朝以外のときのは、近ごろ何となく「のらつき」を使っていたけど、これからは「のらんぽ」でいきたいと思います。(^^)

 → 「早朝徘徊」を使った最初の記事
 → 「あさんぽ」を使った最初の記事

|

« 柿食う最後の客 | トップページ | 木星と土星の大接近・・・ »

コメント

云い方ひとつで変わるもんですね~(^^)
私は早朝徘徊が好きでしたけど・・・
ここらで変えてみるのは、悪くないかも~♪
優曇華、初めて見ましたぁ~(喜)

投稿: リサ・ママ | 2020.12.21 23:46

☆リサ・ママさん
漢字よりひらがなのゆるい感じのほうが、実態に合うような気がして。(^^ゞ

クサカゲロウの卵、面白いですよね。
けっこういろんなところで見ますけど、気づきにくいですね。
http://nekobiyori.cocolog-nifty.com/days/2008/07/post_b031.html

投稿: waiwai | 2020.12.22 08:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柿食う最後の客 | トップページ | 木星と土星の大接近・・・ »