« エゴヒゲナガゾウムシ(ウシヅラヒゲナガゾウムシ) | トップページ | やっとの巣立ち? »

2021.08.02

ふるさと発見ツアー@ニッケイファーム

田園風景の中のブランチ会場


私の「ふるさと発見ツアー」第24回。今回訪れたのは、郡山市三穂田町のニッケイファームさん。稲穂の香る田園風景の中で、気持ちいい真夏を堪能しました。(^^)

目的地に向かう途中、
安積疎水(あさかそすい)「大谷第一水路橋」をバスの車窓から。
安積疎水は、水利の悪い安積野に水路を作り猪苗代湖の水を利用できるようにしたもので、私の実家の前にも水路が通っています。これほど立派なものではありませんが、水路橋の名残りのようなものが実家近くにもありました。(道路拡張工事で、今は面影もありません)

大谷第一水路橋

 

そして、平安時代からの三穂田の総鎮守、宇奈己呂和気神社(うなころわけじんじゃ)に参拝。お祓いまでしていただきました。

宇奈己呂和気神社

と、ミニ歴史ツアーの後、

目的地のニッケイファームさんへ。
どっちを向いても、こういう景色が広がっていました。

安積野の田園風景

 

バスを降りる直前に彩雲が出ているのに気づき、慌ててカメラを向けました。
なんとか色を捉えたい・・・搾り過ぎました。(^^;

彩雲

 

最初にニッケイファームの大竹秀世さんから、有機農法に取り組むきっかけやトウモロコシ栽培についてなどのお話を伺いました。
そしてお楽しみの収穫体験。

トウモロコシ畑

 

ハクビシンがやらかした後。1頭で100本もやらかしてしまうとか。ハクビシンもカラスも、美味しいところだけ食べるそうです。(^^;

トウモロコシ畑

 

いざ、畑の中へ。私は横着して、手前で大きくなったのをゲットしちゃいました。(^^ゞ

トウモロコシ畑

収穫したトウモロコシ

 

次に袋詰め作業。トウモロコシは収穫後どんどん糖度が落ちていくので、それを抑えるために行うとか。

トウモロコシの袋詰め

袋詰めしたトウモロコシ

 

採り立てのを生でいただきました。口の中にシアワセが広がります。(^^)

トウモロコシ

 

ブランチ会場。しっかりしたテントで夏の日差しを遮断、中は気持ちのいい風が吹き抜けます。

ブランチ会場

ブランチ会場

 

そして、夏恒例の足湯ならぬ足水。(^^)
暑い畑での作業(?)の後、冷たい水に足をポチャン。最高!
お隣の方の慎ましやかに足水を楽しまれているところを、盗撮しちゃいました。(^^ゞ

足水

 

ヤブガラシがいい感じに飾られたテーブルで、自分の収穫したトウモロコシを再度記念撮影。

テーブル

 

例によって、この日いただいた美味しいものをちょいと見せびらかし。

メニュー

ブランチ

各皿の写真はこちら →「2021/08/01 この時だけのスペシャルブランチ by 高林誠シェフ(肉と野菜の農家イタリアン Arigato)@ニッケイファーム」(note)

2年前の「ふるさと発見ツアー@わせがわホップファーム」でお世話になったホップジャパンさんのビール、美味しくいただきました。(^^)

ビール

 

ニッケイファームのアイドル(大竹さんのお嬢さん)が、お手伝いで大活躍。(^^)

お手伝い

 

と、毎度のことながら楽しい&面白い&美味しい、で満腹満足。(^^)
ブランチの後、ニッケイファームさんの直売所に寄って、ツアー終了となりました。

 

(おまけ)
自分が収穫した黄色いトウモロコシの他に、白いトウモロコシもお土産にいただいたので、晩に食べ比べをやってみました。

左から白・生、白・加熱、黄・加熱(生の黄色は昼間に試食したので省略)
白の生は甘くてジューシーで、ほぼ果物。どれも十分美味しい。あえて言えば、やはり生の白、加熱の黄、かな。

トウモロコシ

 

 

今までのふるさと発見ツアー ⇒「ふるさと発見ツアー インデックス」(note)

|

« エゴヒゲナガゾウムシ(ウシヅラヒゲナガゾウムシ) | トップページ | やっとの巣立ち? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エゴヒゲナガゾウムシ(ウシヅラヒゲナガゾウムシ) | トップページ | やっとの巣立ち? »