カテゴリー「植物6月」の165件の記事

2020.07.17

マルバツユクサとイチビ

マルバツユクサ


ご近所道端植物観察メモ
今年もいつもの場所で、両方とも花を見ることができました。

マルバツユクサの花の初確認は、6/30。

マルバツユクサ

 

イチビのほうは、7/5。
密に生えている中、1本だけ先に伸びて花をつけていました。

イチビ

イチビ

 

そしてその後は、今年もさっぱり更地状態に。(^^;
去年のような復活はあるかな。

| | コメント (0)

2020.07.02

モッコク通り

モッコク


花を見て、今さらながらこの通りの並木がモッコクなのに気がつきました。
というわけで、ここを「モッコク通り」と勝手に命名。(^^ゞ

モッコク

 

食料買い出しのときに、たまに遠回りして通る道。
一応車道と歩道が仕切られてますが、生い茂った植物や不法投棄物で、歩道のほうは行き止まり。(^^;

歩道

 

この日見た花々→「道端植物観察メモ 2020/06/29」(note)

| | コメント (0)

2020.06.27

メハジキと・・・

メハジキ


ご近所道端植物観察メモ。
メハジキは、我がテリトリーの川岸ゾーンのあちこちで見ていますが、こういうところのは初めて。(^^;

メハジキ

 

同じ日、思いがけない場所でセッカニワゼキショウの花も見ました。

セッカニワゼキショウ

 

5月に見たところのはほぼ終わっていましたが、ふとグラウンドの中ほどを見たら、白いものが点々と・・・

セッカニワゼキショウ

 

ここ、草刈りの作業車が走り回っていたところなんですけどね。セッカニワゼキショウが背丈を低くして花盛りになってました。

セッカニワゼキショウ

(撮影日:2020/06/24)

| | コメント (0)

2020.06.20

ナツメ

ナツメ


ナツメの樹の下にモシャモシャ生えてるのは何かな? と寄ってみたら、

ナツメでした。(^^;

ナツメ

 

ちょうど花盛りの時季。

ナツメの花

ナツメの花

 

この花を初めて知ったのは・・・ なんと!もう13年も経ってました。(^^;

(撮影日:2020/06/14)

| | コメント (0)

2020.06.18

旧古河庭園のバラ

旧古河庭園


所用で近くまで来たので、確か緑色がかったバラがあったはず、と寄ってみました。

残念ながら目当ての「緑光」は咲いていませんでしたが、目にとまったバラのいくつかにカメラを向けました。

「万葉」

万葉

万葉

 

「丹頂」

丹頂

丹頂

 

それから、桜の「ギョイコウ(御衣黄)」に似たバラを見つけました。

「ロサ・キネンシス・ヴィリディフローラ」(別名:グリーンローズ)

ロサ・キネンシス・ヴィリディフローラ

ロサ・キネンシス・ヴィリディフローラ

 

うーむ、バラのチョイスになんかクセがあるのかな。σ(^^;)
けっこう来訪者がいたのに、結果的に「密」を避けることになってました。

(撮影日:2020/06/17)

| | コメント (0)

2020.06.15

ジャカランダ

ジャカランダ


我がテリトリーの支流ゾーンのジャカランダ、やっと花の時季を迎えました。

和名は、シウンボク(紫雲木)とかキリモドキとか。
キリモドキは、この花の形からでしょうね。

ジャカランダ


花のついてない枝が多くて、「紫雲」というには無理がありますね。(^^;

ジャカランダ

 

一番花が多く見える角度からでも、こんな具合。

ジャカランダ

 

葉もなかなか出てこなくて、5月になってもまだこんな状態でした。このときは、花を見るのは無理かもと半分諦めてました。(^^;

ジャカランダ

 

もうずいぶん前になるパソ通時代、ある方から南米に咲くジャカランダのことを教えてもらって以来、ずっと憧れの花だったのですよ。(^^)

(撮影日:2020/06/15、05/11)

| | コメント (0)

2020.06.08

セイヨウヒキヨモギと・・・

セイヨウヒキヨモギ


我がテリトリーの支流ゾーンでこの花を見つけて、びっくり!(@_@)

セイヨウヒキヨモギ

セイヨウヒキヨモギ


なんとその前日に、友人から教えてもらったばかりだったのです。その時の写真がこれ↓ (^^;

セイヨウヒキヨモギ


友人が私に一番見せたかったのが、このハナツルボラン。
すっかり刈られた後でしたが、それでも残り花を見ることができました。

ハナツルボラン

 

この日は木場からスタートして、荒川河口あたりまで、いろいろ面白いところを案内してもらいました。
この荒川湾岸橋、前に水上バスでくぐっています。今年は桜の時季に合わせてまた乗りたいと思っていましたが、例のウイルス禍でかないませんでした。でも代わりに、岸を歩き回る機会を得ることができました。(^^ゞ

荒川湾岸橋

 

(撮影日:2020/06/04、06/03)

| | コメント (0)

2020.06.03

テリハノイバラと・・・

テリハノイバラ


我がテリトリー唯一のテリハノイバラ・スポット。今年もなんとか花と香りを楽しむことができました。
ここも昨年の洪水で水没、その後かなり生い茂ってるのを見て喜んでいたら、すっかり刈り取られてしまい、もう諦めていました。(^^;

ご馳走に夢中な方も。

テリハノイバラ

 

良い香りといえば、アカメガシワの雄花も咲き出しています。

アカメガシワ雄花


この丸いポンポン、好きな花のひとつです。

アカメガシワ雄花

 

(撮影日:2020/06/02)

| | コメント (0)

2019.07.06

種差海岸で見た花いろいろ

D190706asatsuki


種差海岸で最初に目についたのが、この花。
アサツキって自生するんですね。(^^;

D190706asatsuki2

 

その他いろいろ見た中から、(たぶん)初見の花たち。

フナバラソウ
途中で出会った地元の方に教えていただきました。

D190706funabaraso

D190706funabaraso2

 

スズサイコ
1輪だけ花が残っていました。蕾は前に見たことがあったのですが、花は初めて。

D190706suzusaiko

 

スカシユリ

D190706sukashiyuri

 

エゾノレンリソウ

D190706ezonorenriso

 

スナビキソウ

D190706sunabikiso

 

その他にも、ハマヒルガオ、ハマエンドウ、ハマボッス、ハマニガナ、ハマボウフウなど海辺で見た花、ニッコウキスゲ、キリンソウ、シュロソウ、オオヤマフスマ、ツリガネニンジンなど、どちらかというと山のほうで見たことのある花、と様々ありました。(ツリガネニンジンは今まで見たのとなんか雰囲気が違うような・・・)

種差海岸、4日間の東北めぐり旅の最後を飾るにふさわしいところでした。(^^)

| | コメント (0)

2019.06.30

キタノテツカエデと・・・

D190630kitanotetsu


温身平のあさんぽでの、見慣れない植物のひとつ。
いろいろスルーした中でこの樹にカメラを向けたのは、この花のせいかも知れません。(^^ゞ
いくつかの図鑑に当たって、やっとテツカエデの変種「キタノテツカエデ」にたどり着きましたが、どうでしょうか。

D190630kitanotetsu2


その他、あさんぽで撮っていた植物から。何故これらを撮ったのか、脈絡のないチョイス。(^^;

ミズタビラコ

D190630muzutabirako


ギンリョウソウ

D190630ginryoso


サワフタギ

D190630sawafutagi


シシガシラ

D190630sisigasira

 

ついでに、前日に宿の周辺で撮っていたものも。

シロバナニガナ

D190630sirobananigana


クロヅル

D190630kurozuru


ハナヒリノキ

D190630hanahirinoki


ガクウラジロヨウラク

D190630gakuurajiro

| | コメント (0)

より以前の記事一覧