カテゴリー「植物9月」の169件の記事

2020.09.24

トラノオスズカケと・・・

トラノオスズカケ


先週、3カ月ぶりに目黒自然教育園に寄りました。
トラノオスズカケの花を期待してましたが、ほとんど終わっていて、やっと名残り花を見つけて撮りました。

花の盛りの頃はどうだったかな。もしかしたら、夏の酷暑の影響があったかも知れません。他の植物もなんか夏の疲れが残ってるように見えてしまって。(^^;

→「目黒自然教育園で見た花 2020/09/19」(note)

| | コメント (0)

2020.09.20

アレチウリと・・・

アレチウリ


雄花ばかりのアレチウリの繁みを眺めていて、雌花を探してみる気になりました。(^^ゞ

よくよく見ると、雌花も葉裏にひっそりという感じで少しだけ。

アレチウリ雌花

アレチウリ雌花

 

雄花も撮っておこう・・・ 途中でまたターゲットが変わってしまって。(^^;
セグロアシナガバチ、かな? なんちゃらディスタンスを保ちつつカメラを向けました。

セグロアシナガバチ

セグロアシナガバチ

 

この辺りも去年の洪水で水没したところ。今シーズンはアレチウリとセイバンモロコシの2大勢力ばかりが目につきます。アキノノゲシやカラムシ、クズ、ヨモギ、ガガイモ・・・どうしちゃったかな。

アレチウリ

| | コメント (0)

2020.09.17

キカラスウリの花

キカラスウリの花


ガクッと涼しくなって、これなら開いたところが見られるのではと小雨模様の中行ってみたら、当り!
朝5時半ごろ、なんとか開ききったカラスウリの花が撮れました。(^^)v(2020/09/14)

キカラスウリの花

キカラスウリの花

 

下はその数日前同じ場所で見た、開きかけの花。待ちきれないように、クロウリハムシが潜りこんでいました。(09/09)

キカラスウリ開きかけの花

 

カラスウリほどではありませんが、猛暑の盛りのときは、キカラスウリも完全に開ききらないで萎んでしまう様子が見られました。(08/15)

キカラスウリ萎みかけの花

 

そして、カラスウリのほうは、結局開いたところは1つも見られず、8月で営業終了。(^^; (09/01)

カラスウリ

| | コメント (0)

2020.09.14

メリケンムグラ

メリケンムグラ


5月にセッカニワゼキショウを見たあたりに、また白い小花が点々と。一瞬「え?!まだ咲いてる」と驚きましたが、違う花でした。

えーと、何度か見たことのあるアカネ科の何とかムグラ・・・ 「メリケンムグラ」にたどり着くまでちょっとかかりました。(^^;
(→ 前に見たメリケンムグラ

シバと一緒に刈り込まれた後、しぶとく生え伸びて花をつけたようです。

メリケンムグラ

メリケンムグラ

 

(撮影日:2020/09/13)

| | コメント (2)

2020.09.13

メドハギと・・・

メドハギ


久しぶりに、我がテリトリー川岸ゾーンを少しだけ歩きました。

メドハギがパラパラ花をつけていました。

メドハギ

 

キクイモとオオブタクサの覇権争い?

キクイモとオオブタクサ

 

アレチウリはまだ雄花だけ。

アレチウリ

 

途中からターゲットが変わったりして。(^^;

セイヨウミツバチ

 

昨日の雨、当初の予報に反して大した降りではありませんでした。でも、今朝の河川敷はけっこうぬかるんでいて、水溜りになっているところもありました。昨年の洪水の影響がまだ残ってるようです。

| | コメント (0)

2020.09.09

チョウジタデ・・・

D200909chojitade


八国山観察会ではお馴染みのチョウジタデ、ウチの近所にもあったんだとカメラを向けて・・・ ん? なんか感じが違う。いつも見ているチョウジタデよりひ弱なというか、青白いというか・・・

もしかしたら、「ウスゲチョウジタデ」のほうかも。でも、傍に行けないところに生えていて、決め手の花床の「薄毛」が確認できません。(^^;

チョウジタデ? ウスゲチョウジタデ?

 

それから、黄色い小花つながりで、久しぶりに見たアメリカミズユキノシタ。
池の改修工事の後、姿が見えなくなっていましたが、これは復活? →3年前の様子

アメリカミズユキノシタ

アメリカミズユキノシタ

 

アメリカミズユキノシタを撮っていたら、「スイレン、きれいですね」と通りかかった人に声をかけられました。
「そ、そうですね」と、こちらも撮りました。(^^;

スイレン

(撮影日:2020/09/05)

| | コメント (0)

2020.09.04

トウワタの花

トウワタ


昨日のフウセントウワタとトウワタつながりで、今回はトウワタ。(^^ゞ

近道というだけで選んだ道での、思いがけない出会い。先を急いでいたのに・・・(^^;
よかったら続きをこちらで→「トウワタの花」(note)

実も見てみたい。花が咲いている間は抜かれないと思いますが・・・

| | コメント (0)

2019.10.04

クルマバザクロソウ

D191004zakuroso


ご近所道端植物観察メモ。9月に見たのを今ごろアップ。(^^;
たまに通る道で、縁石と歩道の隙間からクルマバザクロソウが出ているのを見つけました。

同じ歩道沿いに、もっと大株で花盛りのもありました。

D191004zakuroso2

D191004zakuroso3

 

・・・そのまま記憶の底へ。(^^;


それから3週間余り。
何故かふと思い出し、また行ってみました。
もう抜かれてしまってるかもと覚悟しつつ・・・ 無事に残っていて、まだ花も見られましたが、多くは次のステージに進んでいました。

D191004zakuroso4

D191004zakuroso5

 

【更新のお知らせ】
メインサイトのほうの「はな日和」を更新しました。今回は、8月末の多摩川観察会の写真です。

| | コメント (2)

2019.09.26

フサジュンサイ

D190926fusajunsai


昨日、観察会の集合場所に向かう途中、通りかかった池に見覚えのない花。何かな?
観察会で教えてもらおうととりあえず撮って、そのまま聞くのを忘れました。(^^;

やむなく自力で。水中に見えるフサフサしたのはオオフサモに似た雰囲気で、花はカナダモちっく。帰化植物と当りをつけてネット検索したら、「フサジュンサイ(ハゴロモモ)」というのがヒット。これですね。
やっぱり水槽から野外に出て(出されて)、のびのび生え広がってる植物でした。

いい加減に撮ったので花の形がちゃんと捉えられていませんが、3枚の萼片(外花被片)と3枚の花弁(内花被片)で構成されているようです。

D190926fusajunsai2

D190926fusajunsai3

| | コメント (0)

2019.09.23

ジャコウアゲハの幼虫

D190923higanbana


この連休は雨の予報で遠出を諦めたのに、何故にこの空。(^^;
せっかくなので、我がテリトリーを巡視。ヒガンバナがだいぶにぎやかになってきました。

D190923higanbana2

 

その近くで、ウマノスズクサをモグモグ中のジャコウアゲハのお子さまたちを見つけました。今年はいつものジャコウアゲハ・ポイントでお子さまと出会えずにいたので、今ごろ今年初見となりました。(^^;
まだ小さめなコがほとんどでしたが、

D190923jakoageha


中にはぽってり育ったコも。

D190923jakoageha2


どうしても可愛いオレンジ色のリボン(臭角)をねらいたくなる。σ(^^;)

D190923jakoageha3

 

【更新のお知らせ】
メインサイトのほうの「はな日和」を更新しました。今回は先月の八国山観察会の水々しい写真です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧