カテゴリー「虫類」の1012件の記事

2017.06.29

モンパノキと虫たち

モンパノキ


今回の沖縄で、特に心に残った植物のひとつ。あちこちの海岸近くで、よく見かけました。

蕾から実までいろんな段階が1本の木で見られます。モンパは「紋羽」、柔らかく起毛させた綿織物を指すとか。ふかふか柔らかい葉が、名前の由来ですね。

モンパノキ


心に残ったのは、身近にない植物ということもありますが、一番の理由は、いろんな虫がやってきてたから。(^^ゞ


オキナワモンシロモドキ
モンパノキが食草とか。撮った中に、お子さまの姿の一部が写り込んでいたのは、後から気づきました。(^^;

オキナワモンシロモドキ

オキナワモンシロモドキ

オキナワモンシロモドキ


「オキナワ」がつかないモンシロモドキは、前に与那国島台湾で出会っています。


アカホシカメムシ

アカホシカメムシ


イシガキシロテンハナムグリ
・・・だと思いますが、どうでしょうね。身近に見るシロテンハナムグリとは、模様や頭の形が違うような気がします。

イシガキシロテンハナムグリ


シロオビノメイガ
これは身近にいるのと同じで、オキナワとか何とかつかないみたいです。(^^;

シロオビノメイガ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギンスジトガリホソガ・・・

ギンスジトガリホソガ?


オキナワチョウトンボや他のトンボでにぎわっている傍らに、ひっそりといた極小ヒラヒラもの。目に入っていまいました。この形で5mmほどの大きさでした。

あれこれ探って、この名前にたどり着きましたが、分布域に沖縄が入っていない・・・ (^^;

ギンスジトガリホソガ?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.28

腰と腹・・・

宮古島2日目に見たトンボを、もう少し。

コシブトトンボ♀
♂も見かけましたが、とまってもらえませんでした。

コシブトトンボ♀


ハラボソトンボ
♂♀で色合いにあまり違いはないようで、このコはどっちかな。(^^;

ハラボソトンボ


太いのは腹だったか腰だったか、細いのはどっちだったか・・・ 後で絶対わからなくなる自信、あります!(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オキナワチョウトンボ

オキナワチョウトンボ


前から見たいと思っていたトンボ。ムラサキサギの近くで、出会うことができました。(^^)
ベッコウチョウトンボとも呼ばれるそうですが、日本産はベッコウチョウトンボの亜種のひとつとして「オキナワ・・・」と呼ばれるとか。シロートには「ベッコウ・・・」のほうがしっくりきますね。(^^;

オキナワチョウトンボ

オキナワチョウトンボ


それから、オキナワチョウトンボの近くにいたイトトンボたち。すべて「たぶん」が付きます。(^^;

リュウキュウベニイトトンボ♂
リュウキュウベニイトトンボ


ヒメイトトンボ♂
<br />
ヒメイトトンボ


アオモンイトトンボ♂
アオモンイトトンボ♂


アオモンイトトンボ♀
アオモンイトトンボ♀


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.25

ハガタスズメ

ハガタスズメ


沖縄本島のやんばる地方で出会った大型ヒラヒラもの。スズメガの仲間とはわかってもその先が・・・ 詳しい方に「ハガタスズメ」と教えていただきました。

手に乗ってもらってシゲシゲと。

ハガタスズメ

ハガタスズメ


あ、爪が伸びてた。σ(^^;)

ハガタスズメ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.24

イヌビワオオハマキモドキ

イヌビワオオハマキモドキ


宮古島で出会った、きらめく極小ヒラヒラもの。
前に石垣島でミドリオオハマキモドキを見ていて、こちらも見てみたいと思っていました。


イヌビワオオハマキモドキ


嬉しくて、あちこちからカメラを向けて、

イヌビワオオハマキモドキ


意外とひょうきんな顔もゲット。(^^ゞ

イヌビワオオハマキモドキ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.22

ウズラカメムシの幼虫

D170622uzurakame


オトナのほうは近所の川岸でも時々見かけますが、お子さまは初めて。
前から出会いたいと思っていたんです。(^^)

D170622uzurakame2


この日オトナは見かけませんでしたが、半月ほど前に撮ってました。

D170622uzurakame3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.20

シャンハイオエダシャク

シャンハイオエダシャク


先日のミドリシジミの近くにいたコ。
「シャンハイ」は学名(Macaria shanghaisaria)からとか。どうしてこの学名なのかはナゾ。(^^;

最初見つけたときは、枯葉の切れっぱしの風情でじっとしていました。

シャンハイオエダシャク

シャンハイオエダシャク


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.19

ババシロアシマルハバチの幼虫

ババシロアシマルハバチの幼虫


ゴマギの葉についた白い糸くず。
最初ミツクリハバチかと思ったのですが、食草からこの長い名前のハバチにたどり着きました。

ハバチの幼虫の顔は、可愛いですよね。

ババシロアシマルハバチの幼虫


全体の姿を撮りたかったのですが、どんどん糸くずのかたまりになってしまって。(^^;

ババシロアシマルハバチの幼虫


見ると、あちこちの葉の縁に、体を折り曲げてぶら下がるようについてます。

ババシロアシマルハバチの脱皮殻


顔のほうを見たら・・・ わぁ、脱皮殻でした。(^^;

ババシロアシマルハバチの脱皮殻


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.06.16

ウメスカシクロバのカップル

ウメスカシクロバのカップル


最初見つけたとき、不思議な生き物のように見えて、ウメスカシクロバのカップルと気がつくのに、ちょっと時間がかかりました。(^^;


ウメスカシクロバのカップル


【お知らせ】
これから、南西方面に出かけてきます。きっと見せびらかしたいもの山盛り持ち帰ることになると思うので、埋もれさせたくないのを予約投稿しておきます。(^^ゞ
引き続きお付き合いいただけたら、嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧