カテゴリー「虫類」の1188件の記事

2018.11.14

ヒメエグリバの幼虫

ヒメエグリバの幼虫


友人が見つけて、すぐに「任せた」と託されたポップな柄のお子さま。
カメラを近づけると、どんどん丸まってしまって・・・ 手に乗せては、さらにダメですよね。(^^;

というわけで、枯葉の上に置いて、しばし待機。

ヒメエグリバの幼虫


しばらくすると、動き出しました。

ヒメエグリバの幼虫

ヒメエグリバの幼虫


で、またカメラを近づけると、また・・・ (^^;

ヒメエグリバの幼虫


 → 前に見たヒメエグリバのオトナ(たぶん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.13

マツノキハバチ

マツノキハバチ♀


♂の触角がすごいと某所で話題のマツノキハバチ。
案内人に恵まれ、見に行ってきました。

私が見つけたのは♀でした。♀の触角もちょっとクシ状になっていました。

最初、チュウレンジバチの仲間かと思いました。大きさもそんな感じ。

マツノキハバチ♀


正面顔を狙ったら、触角がドジョウ髭みたい。(^^;

マツノキハバチ♀
 


♀だけでも見られてよかったと思っていたら、♂も見つけてもらいました。(^^)
♂は♀より小さめ。こちらは全身黒かったです。

見たという証拠写真しか撮れませんでしたが、それでもクシ髭の触角の感じはわかりますよね? (^^;

マツノキハバチ♂

マツノキハバチ♂


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.31

セグロアシナガバチ

セグロアシナガバチ


顔だけで誰だかわかるといいんですが・・・ (^^;


しばらく待って、やっと全体の姿を見せてもらいました。

セグロアシナガバチ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.27

マメノメイガ

マメノメイガ


見かけるとカメラを向けたくなるモスのひとつ。
普通種ということですが、それほど見かける機会は多くない気がします。

たいがい翅裏を見せてとまっています。この日もそうでした。

マメノメイガ

マメノメイガ


しゃがみこんで(というか跪いて)、翅の表を撮りました。
でも、もっとちゃんと翅の表を見せて欲しい・・・ というわけで、ダメもとでとまっていた葉を少し動かして撮ったのが、一番上の写真。直後にやっぱり飛んで行ってしまいました。(^^;

マメノメイガ


【更新のお知らせ】
メインサイトのほうの「はな日和」を更新しました。今回は、先月末に独りで歩いた八国山の写真。植物と虫に、鳥少々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.23

ルリモンハナバチ

ルリモンハナバチ


先日の植物観察会で、見つけてもらったコ。
今まで何度か見かけたことはありましたが、撮れたのは初めて。

なので、美しい姿が映えるところにとまってほしいとか、顔をよく見せてほしいとか、そういうことは次の機会に期待したいと思います。(^^;

ルリモンハナバチ


ところで、このアザミはアズマヤマアザミでよかったかな。(^^;;

ルリモンハナバチ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.20

キジョランの花

キジョランの花


初めて間近で花を見ることができました。(^^)
キジョランはあっても、なかなか花に出会う機会がなくて、花を見つけても手の届かないところばかりで、残念に思っていました。

キジョランの花


花の近くの葉裏には、孵化したばかりのアサギマダラの幼虫が。

アサギマダラ幼虫


その後で、もう少し育ったコも見つけました。

アサギマダラ幼虫


6月初め以来の多摩森林科学園。今回は植物観察会で訪れました。ここも台風の被害がひどくて、しばらく閉園になっていました。だいぶ片付けられていましたが、折れたり倒れたりしている樹をあちこちで見かけました。
特に残念だったのが、カンレンボク。実だけがいっぱい落ちていて、樹自体は姿を消していました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.10.18

ナカグロクチバ

ナカグロクチバ


近所の川岸近くで毎年1~2回見かけるモス。
今年はこのコがお初。今年の分はこれで終わりかな・・・。(^^;

横顔は前に撮ってましたが、正面顔は初めて。(^^)v

ナカグロクチバ


近くのセイタカアワダチソウに来ていたのは、タバコガかオオタバコガ。
翅をブルブルさせてて、思うように撮れませんでした。(^^;

オオタバコガ?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.15

シナヒラタハナバエ(シナヒラタヤドリバエ)

シナヒラタハナバエ


丸い体と翅をぴっと開いてとまるのが可愛らしくて、またボケ写真を増やしました。(^^;

シナヒラタハナバエ

シナヒラタハナバエ

シナヒラタハナバエ


別名の「ヤドリバエ」は、カメムシの仲間に寄生することから。でも、この可愛らしさから、私は「ハナバエ」のほうを採用。(^^ゞ

で、とまっていた花はシロヨメナ、でいいでしょうか。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.13

オオコシアカハバチの幼虫

オオコシアカハバチの幼虫


また、キノコ三昧の集いでの虫の話題に戻ります。(^^ゞ
現地ではタテハチョウ系の幼虫と思い込んでましたが、帰って撮ってきたのを見てみたら、顔がハバチ顔。(^^;


「ハバチ、ツリフネソウ」で検索したら、すぐに「オオコシアカハバチ」がヒットしました。

オオコシアカハバチの幼虫


それから、クロシタアオイラガの幼虫の近くにいたのも、ハバチの幼虫でしたね。
オオコシアカハバチの色違いの幼虫という情報もありますが、どうでしょうか。

オオコシアカハバチの幼虫?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.11

ビロードナミシャク

ビロードナミシャク


キノコ三昧の集いでは常連のモス。今年も林道を歩いていて何度か見かけました。でも、何とかマシに撮れたのはこれだけ。(^^;


その他、キノコ三昧の集いで出会ったヒラヒラものたち。
今回は少ないと思ったのですが、それなりに撮ってました。何しに行ったのかな。σ(^^;)

ビロードナミシャクとはちょっと感じが違う・・・ やっぱり違う種でした。(^^;
キアミメナミシャク

キアミメナミシャク


夜のお客さんは少なかったです。
ホシオビコケガ

ホシオビコケガ


ウスキツバメエダシャクかフトスジツバメエダシャク・・・
決め手の顔の色をちゃんと確認しませんでした。
前にこのあたりで出会ったのは、フトスジのほうだったのですが。(^^;

フトスジツバメエダシャク?


ハマキモドキの誰かとは思いますが、その先が・・・
枯葉の切れっぱしに見えて、見逃すところでした。(^^;

D181011hamakimodoki


アサギマダラもいました。

アサギマダラ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧