カテゴリー「虫類」の1000件の記事

2019.05.21

ヨコバイの仲間・・・

D190521yokobai


とはわかっても、その先が・・・。
ネット上をあちこち彷徨って、「オーマンクワキヨコバイ」というのにたどり着きましたが、どうでしょうね。
「クワキヨコバイの仲間」としておいたほうが、無難かも。(^^;

D190521yokobai2

D190521yokobai3

D190521yokobai4

| | コメント (0)

2019.05.14

クロコノマチョウの幼虫と・・・

D190514kurokonoma3


日曜日の観察会でも、つい芋活にはまってしまって。(^^ゞ
クロコノマチョウヒトツメカギバ のお子さまは、この猫っぽい顔で人気。
【訂正】当初「クロコノマチョウ」としていましたが、「ヒトツメカギバ」に訂正します。<(_ _)>


「カワイイ!」の声に、「虫は苦手」と言ってた方もついのぞき込んでいました。シメシメ。(^^)

D190514kurokonoma2


アップにすると、思いのほか毛深い顔ですね。(^^;
背中にポチっとついた黒いのが気がかり・・・

D190514kurokonoma

 

こちらも猫顔系のヒカゲチョウ。
ぽってりボディのほうにピンがいってしまって、ちょっと残念でした。(^^;

D190514hikage

D190514hikage2

 

サルトリイバラの葉裏には、ルリタテハのお子さま。
こちらは、カワイイよりもカッコイイ、のほうでしょうか。

D190514ruritateha

D190514ruritateha2

| | コメント (2)

2019.05.13

ヤマサナエとオツネントンボ

D190513yamasanae


昨日参加した観察会で見たトンボ。
サナエトンボの仲間とは見当づいたものの、クロサナエかと迷って、結局ヤマサナエと教えていただきました。(^^;

D190513yamasanae2

 

それから下は、4月に信州で撮ってそのままになっていたオツネントンボ。
まだ早春だった信州と、初夏に入ってきた多摩地方。茶色と緑色の対比をお楽しみください。(^^ゞ

D190513otsunen

D190513otsunen2

| | コメント (0)

2019.05.11

マエキリンガと・・・

D190511maekiringa


心惹かれる花々を見ながらも、つい虫を探してしまう。σ(^^;)
マエキリンガは、観察会の終わり近くに見つけてもらいました。

D190511maekiringa2

 

カバオオフサキバガ
遠目には芽鱗が何か落ちた植物片に見えましたが、念のためチェック。当り!(^^)

D190511kabaoofusa

D190511kabaoofusa2

 

芋活も怠りなく。(^^ゞ
いろいろいた中で、印象深かったクロモンキリバエダシャクのお子さまをあげときます。

見つけたときは、このカタチでぶら下がっていました。葉の縁についたゴミ、ですよね。(^^;

D190511kuromonkiriba


上の写真の上下反転したのが、下の写真。このほうが体の様子がわかりやすい、かな?

D190511kuromonkiriba2


正面顔を狙ったら、また何だかわからない・・・

D190511kuromonkiriba3


横から見たら、必死に上を向いて顔を隠してました。(^^;

D190511kuromonkiriba4

| | コメント (2)

2019.05.08

スジモンヒトリと・・・

D190508sujimon2


先を急いでいたので草むらを突っ切ろうとしたとたん、出会ってしまったスジモンヒトリ。(^^;

D190508sujimon

 

他にもヒラヒラものが次々と。近道のつもりが・・・(^^;

ユウグモノメイガ

D190508yugumo

 

キバラゴマダラヒトリ

D190508kibaragoma

D190508kibaragoma2

 

テンクロアツバ

D190508tenkuroatsuba

 

ウンモンクチバ

D190508unmon

 

ツバメシジミ

D190508tsubame

 

なんと、ギンイチモンジセセリまで!

D190508ginichi

 

ついでに、昨日わが家にやってきていたコもあげときます。
敷物の縁に極小モスっぽいゴミが・・・ モスでした。(^^;
コナガ

D190508konaga

D190508konaga2

| | コメント (0)

2019.05.06

アカボシゴマダラの幼虫

D190506akaboshi


近所の川岸で、丸まったエノキの葉っぱのフリをしてました。

ゼッタイカオハミセナイ! とがんばってるのに、

D190506akaboshi2

 

強引に顔を起こしてしまいました。σ(^^;)
可愛らしさは、オオムラサキのお子さまと変わらないと思いますが、よそ者ということで扱いはずいぶん違いますね。

D190506akaboshi3

| | コメント (0)

2019.05.05

ウラナミアカシジミの幼虫と・・・

D190505uranamiaka


平成最後の観察会で出会ったコ。前に見たミズイロオナガシジミのお子さまに感じが似てたので、シジミチョウの仲間を探ったら、当りでした。(^^)
ウラナミアカシジミのオトナには毎年のように出会ってますが、お子さまとはたぶん初めて。

D190505uranamiaka2

 

この日はここも芋活シーズン真っ盛り。さまざま撮った中から、とりあえず誰だかわかったコたち。

ヤママユ

D190505yamamayu

D190505yamamayu2

 

シロトゲエダシャク

D190505shirotogeeda

 

ホタルガ

D190505hotaruga

| | コメント (0)

2019.05.04

アオオビハエトリ♀

D190504aoobi


ふと見たコンクリート壁にいたコ。
新しいコンデジの練習台になってもらいました。
さんざん追い回されて、大迷惑だったでしょうね。(^^;

D190504aoobi2

| | コメント (0)

2019.05.03

ウスタビガの幼虫と・・・

D190503usutabiga


東大和公園で見かけたコたちをもう少し。
ウスタビガのお子さまは、まだ体長2㎝ほどの小ささなのに、なかなかの容姿。
前に見たのは豊満ボディの終齢幼虫でしたが、孵化したばかりの黒毛虫から様々に変化するみたいですね。

D190503usutabiga2

 

それから、チャバネフユエダシャクのお子さま。
前は全体の姿も撮ったのに、今回は可愛い顔ねらいばかり。(^^ゞ

D190503chabanefuyueda

D190503chabanefuyueda2

| | コメント (0)

2019.05.02

オカモトトゲエダシャクの幼虫と・・・

D190502okamoto


先日の東大和公園での観察会の帰り道、カラスノエンドウについた「鳥フン」発見! (^^ゞ

あ、やっぱり。

D190502okamoto2


顔を見せて欲しいとしつこく迫って・・・

D190502okamoto3


睨まれた気がしました。(^^;

D190502okamoto4


下は、観察会の終了間際に出会ったコ。このときは忙しなく歩き回っていて、ボケ写真ばかり増やしました。

D190502okamoto5

  → 前に見たオカモトトゲエダシャクのオトナ

 

それから、観察会が始まる前に見つけた小枝。
エダシャクの誰かだろうと見当付けたのですが・・・ もしかしたら別のモスの仲間?と迷い出し、結局詳しい方に「シモフリトゲエダシャク」と教えていただきました。

D190502shimofuri

D190502shimofuri2

| | コメント (0)

より以前の記事一覧