カテゴリー「植物11月」の122件の記事

2021.11.26

シキザクラ(四季桜)

シキザクラ


ずいぶん花付きのいいフユザクラ、と思って寄って行ったら、札に「四季桜」とありました。(^^;

ジュウガツザクラ、コブクザクラ、フユザクラ・・・寒い時季に咲く桜の中で、一重咲きはフユザクラと思い込んでいて、シキザクラは意識の外でした。「シキザクラ」という名前だけは、何となく入っていたんですけどね。

シキザクラ

シキザクラ

 

10月にも行った多摩森林科学園。その時は見られなかったあるもの目当てに行って、思いがけない発見。(^^ゞ

下は、シキザクラの近くにあったフユザクラ。
花の大きさを直接には比較できませんでしたが、見た感じ、フユザクラのほうがちょっと大きいような・・・。

フユザクラ

| | コメント (0)

2021.11.12

ヤノネボンテンカ

ヤノネボンテンカ


もう1週間経ってしまいましたが、去年見つけたヤノネボンテンカ・スポットに行ってきました。
本当はもっと早く行きたかったのに、時間・体力・気力・天気が思うように合わなくて。

コセンダングサ、セイタカアワダチソウ、アレチウリ・・・と手強い競合相手の中で、ヤノネボンテンカも猛々しい姿でがんばっていました。

ヤノネボンテンカ

ヤノネボンテンカ

 

先回は繁みに遮られて行けなかった水際に、うまい具合に隙間を見つけて出ることができました。

荒川岸

 

ぱぁっと小魚の群れが散って行きました。これでは証拠写真にもならないけど。(^^;

小魚

 

下流側のいつものスポットにも寄りました。
こちらはそれほど競合相手がいないので、優しい姿を見せていました。
岸伝いに、少しずつ勢力範囲を広げているようです。

ここからは、どうしてもスカイツリーを写し込みたくなるんですよねぇ。(^^ゞ

ヤノネボンテンカ

 

(撮影日:2021/11/05)

| | コメント (0)

2020.11.26

カマツカの実

カマツカの実


カマツカ、ですよね。(^^;
馴染みの樹なのに、いつもの「黄葉の中に紅い実がポチっと一つ」とはずいぶん違った実付きの良さに、迷いが出ました。

さらに、ノイバラ風のも。実際、遠目ではノイバラと見てしまいました。(^^;

カマツカの実

 

→ 前に見たカマツカの花

| | コメント (0)

2020.11.21

ケヤキの紅葉いろいろ

ケヤキの紅葉・黄葉


近所のケヤキの紅葉・黄葉。赤みの強いものからオレンジ、黄色・・・ ケヤキって樹ごとに主張する色が違って面白いですね。
→「ケヤキの紅葉いろいろ」(note)

| | コメント (0)

2020.11.15

イシミカワ

イシミカワ


我がテリトリー川岸ゾーンで、私の知ってるイシミカワ・スポットは1か所。毎年楽しみに見てきましたが、去年の洪水で姿を消し、残念に思っていました。

ところが、最近になって、そこから上流方向と下流方向と、かなり離れたところで続けて見つけました。
オオブタクサにカナムグラ、クズ、アレチウリといろいろ絡みあった勢力争いの果て、最後の覇者(?)はイシミカワのようです。

イシミカワ

イシミカワ

| | コメント (0)

2020.11.02

サフラン・・・

サフラン


実家の前庭で今どきクロッカスが、シバザクラの上に頭を出して花盛り・・・ と寄ってみて紅い糸状のものに気がつきました。

あれ? サフラン?

サフラン

 

もう一か所では、こんな具合。

サフラン

 

さらに、キチジョウソウ発見!

キチジョウソウ

キチジョウソウ

 

2カ月ぶりに実家の様子を見に行ったら、思いがけないものたちが自力でがんばっていました。(^^;

| | コメント (0)

2019.11.25

コウヤボウキの花の香り

香っていたコウヤボウキの花


先日高尾山に行ったとき、コウヤボウキの花が香るという話が出ました。私にとって、コウヤボウキは八国山で馴染みの花の一つ。花は毎年見てるのに、香りについては全く意識の外でした。

それでは、と早速傍らのコウヤボウキの花に鼻を寄せてみましたが、香りを感じることはできませんでした。その後も山中を歩いている間、何度かかいでみましたが、そう言われれば微かに香るような・・・いや、確かに香ると実感できるものではありませんでした。

その翌日、所要のついでに目黒自然教育園へ。コウヤボウキを見かけて、ほとんど期待せずに花に寄ったら、思いのほかはっきりした香りがありました。甘さ+αという感じの香り・・・このαを表現する言葉が思いつきません。(^^;

香るのと香らないのと、何の違いなんでしょうね。上の写真は、コウヤボウキの香りを知った記念に撮ったものです。(^^ゞ

【更新のお知らせ】
メインサイトのほうの「はな日和」を更新しました。今回は、先月の八国山観察会の写真です。

| | コメント (4)

2019.11.18

11月の高尾山の彩り

高尾山を彩っていた植物とヒラヒラもの(のお子さまも)。

ノササゲ

ノササゲの実

ノササゲの実

 

トキリマメ

トキリマメの実

 

リュウノウギク

リュウノウギク

 

リンドウ

リンドウ

 

マルバノホロシ

マルバノホロシの実

 

シラキ

D191118shiraki

 

フユイチゴ

フユイチゴ

 

キエグリシャチホコ

キエグリシャチホコ

キエグリシャチホコ

 

ナカキシャチホコ幼虫

ナカキシャチホコ幼虫

 

アサギマダラ幼虫

アサギマダラ幼虫

 

キジョランの実

キジョランの実

| | コメント (2)

2018.12.17

カワラノギク

カワラノギク


1カ月前の観察会で見た花を、諸般の事情により今ごろアップ。(^^;
カワラノギクの花を見るのはいつも10月なのですが、思いのほか花が残っていました。

上の写真がよく見る姿。ところが、地面近くで花をつけている株がありました。
背丈が伸びないうちに咲いたのではなく、どうも先のほうだけ土砂から出て咲いたようでした。

カワラノギク


それから、同じ日に見たコウテイダリア(キダチダリア)。
こちらも、矮小性の品種?と思ったら、

コウテイダリア


倒れた後に、先のほうが立ち上がって花をつけたようです。

コウテイダリア


【更新のお知らせ】
メインサイトのほうの「はな日和」に、上の写真も含めて先月の多摩川観察会の写真をアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.02

ナンテンハギ・・・

ナンテンハギ


・・・ですよね。(^^;
多摩森林科学園に向かう途中、日当たりのいい斜面で花盛りのを見つけました。

11月の終わりに見たのは初めてかもしれません。何となく夏の終わりから秋にかけての花と思っていました。
秋がダラダラ続いてるような天候が関係してるかな。

ナンテンハギ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧