カテゴリー「植物」の1000件の記事

2019.12.06

台北道端植物観察

虫を追い回しつつ、足元の植物も気になって。(^^ゞ

和名不明 高山通泉草 Mazus alpinus
猫空で見た花。ぱっと見トキワハゼ、でも花の大きさはムラサキサギゴケという感じ。

Mazus alpinus

Mazus alpinus

 

和名不明 蔓花生 Arachis duranensis
台湾に行くたびに撮ってましたが、今まで撮りっぱなしにしてました。2枚目は、2年前の夏に撮ったもの。(^^;
「グランドカバー・ピーナッツ」という名前で流通しているようです。

Arachis duranensis

Arachis duranensis

 

和名不明 山蟛蜞菊 Wollastonia montana

Wollastonia montana

Wollastonia montana

Wollastonia montana

 

誰かな?
花の感じからタデ科と見当付けたのですが・・・

誰かな?

誰かな?

 

ヤンバルハコベ 荷蓮豆草(菁芳草) Drymaria diandra

ヤンバルハコベ

ヤンバルハコベ

 

和名不明 翼莖闊苞菊 Pluchea sagittalis
ヨモギ属かと思ったら、ヒイラギギク属でした。そんな属があるんですね。(^^;

Pluchea sagittalis

 

ビロードヘクソカズラ 毛雞屎藤 Paederia cavaleriei

ビロードヘクソカズラ

ビロードヘクソカズラ

 

オオシマコバンノキ 紅仔珠 Breynia officinalis

オオシマコバンノキ

オオシマコバンノキ

 

カジノキ 構樹 Broussonetia papyrifera

カジノキ

カジノキ雌花 

| | コメント (0)

2019.12.02

台湾で見た樹の花から

澎湖(ポンフー)や台北でいろいろ見た中から樹の花3種。

タイワンモクゲンジ 台灣欒樹 Koelreuteria henryi
あちこちにありました。最初見たとき花盛りの樹と思いましたが、花に見えたのは実(袋果)でした。
ほとんど実ばかり・・・ でもなんとか花も見ることができました。

タイワンモクゲンジ

タイワンモクゲンジ

タイワンモクゲンジの実

タイワンモクゲンジの花

 

クロヨナ Millettia pinnata 水黃皮
沖縄でも見られるそうです。(私も見てるのかも知れないけど)
並木になっているところもありました。

クロヨナの花

クロヨナの並木

クロヨナの実

 

ヨウテイボク
花色の濃いのと淡いのと・・・ その場では単に色違いとぼんやり見てましたが、どうも交配種も含め何種類かあるようです。(^^;

花色の濃いヨウテイボク

花色の濃いヨウテイボク

ヨウテイボクの蕾

白っぽい花の"ヨウテイボク"

| | コメント (0)

2019.11.25

コウヤボウキの花の香り

香っていたコウヤボウキの花


先日高尾山に行ったとき、コウヤボウキの花が香るという話が出ました。私にとって、コウヤボウキは八国山で馴染みの花の一つ。花は毎年見てるのに、香りについては全く意識の外でした。

それでは、と早速傍らのコウヤボウキの花に鼻を寄せてみましたが、香りを感じることはできませんでした。その後も山中を歩いている間、何度かかいでみましたが、そう言われれば微かに香るような・・・いや、確かに香ると実感できるものではありませんでした。

その翌日、所要のついでに目黒自然教育園へ。コウヤボウキを見かけて、ほとんど期待せずに花に寄ったら、思いのほかはっきりした香りがありました。甘さ+αという感じの香り・・・このαを表現する言葉が思いつきません。(^^;

香るのと香らないのと、何の違いなんでしょうね。上の写真は、コウヤボウキの香りを知った記念に撮ったものです。(^^ゞ

【更新のお知らせ】
メインサイトのほうの「はな日和」を更新しました。今回は、先月の八国山観察会の写真です。

| | コメント (4)

2019.11.23

象山公園の植物から

ヒラヒラものたちを追い回しつつ、目にとまった植物もいくつか撮りました。が、片手間的撮影で植物の姿をちゃんと捉えていません。
で、本気で調べる気はなかったのに、他のを調べてて、これかな?と思える情報に行き当たってしまいました。(^^;

ヤンバルハグロソウ 華九頭獅子草 Dicliptera chinensis

ヤンバルハグロソウ

ヤンバルハグロソウ

 

和名不明 紅樓花 Odontonema strictum
日本では学名音読みそのままの「オドントネマ・ストリクツム」で流通しているようです。
ホントはこの花じゃなくて、この花に来てるコが気になったのですが・・・(^^;

オドントネマ・ストリクツム

オドントネマ・ストリクツム

オドントネマ・ストリクツム

 

タイワンクズ 山葛 Pueraria montana
ぱっと見クズに似てましたが、葉の様子が違っていました・・・ 肝心の葉をちゃんと撮ってない。(^^;

タイワンクズ

タイワンクズ

 

ミスミトケイソウ 三角葉西番蓮 Passiflora suberosa

ミスミトケイソウ

ミスミトケイソウ

 

ナンバンサイカチ 阿勃勒 Cassia fistula
ゴールデンシャワーの実って、こんなに長くなるんですね。

ナンバンサイカチ

ナンバンサイカチ

| | コメント (0)

2019.11.18

11月の高尾山の彩り

高尾山を彩っていた植物とヒラヒラもの(のお子さまも)。

ノササゲ

ノササゲの実

ノササゲの実

 

トキリマメ

トキリマメの実

 

リュウノウギク

リュウノウギク

 

リンドウ

リンドウ

 

マルバノホロシ

マルバノホロシの実

 

シラキ

D191118shiraki

 

フユイチゴ

フユイチゴ

 

キエグリシャチホコ

キエグリシャチホコ

キエグリシャチホコ

 

ナカキシャチホコ幼虫

ナカキシャチホコ幼虫

 

アサギマダラ幼虫

アサギマダラ幼虫

 

キジョランの実

キジョランの実

| | コメント (2)

2019.11.11

澎湖大豆と・・・

澎湖でのガイドツアーのときに目にとまった植物から、何とか調べがついた(と思われる)もの。

和名不明 澎湖大豆 Glycine tabacina
ツルマメの仲間、かな? 濃紫色の花色が印象的・・・ ボケました。(^^;
 → 和名は「ボウコツルマメ」と判明。(^^) 「ボウコ」は「澎湖」の日本語読みですね。

D191111penghu

D191111penghu2

D191111penghu3

 

オトメアゼナ 過長沙 Bacopa monnieri
花がないと、スベリヒユ?と思う姿・・・ 台湾の植物関連サイトでも同じような解説がついてました。

D191111otomeazena

D191111otomeazena2

 

和名不明 澎湖金午時花 Sida veronicifolia
似た種がいくつかあるようですが・・・ 勝手にポンフーキンゴジカとしちゃいます。(^^ゞ

和名不明 澎湖金午時花

D191111kingoji2

 

和名不明 臺灣灰毛豆 Tephrosia obovata
ポンフーキンゴジカの花の傍でも、裏がモフモフの葉だけで存在を主張。甲虫の誰かが入っていたのは、この花の中でした。

D191111taiwan

D191111taiwan2

 

ウコンイソマツ(キバナイソマツ) 烏芙蓉 Limonium wrightii
何の仲間かも見当つかなかったので見なかったことにしようとしたら、他のを調べているうちにそれらしいのにたどり着いてしまいました。(^^;

D191111isomatsu

D191111isomatsu2

| | コメント (0)

2019.11.02

澎湖観光バスツアーで見た花

観光スポットのフォトジェニックな景色に背を向けて、草むらをのぞき込んだり、道端にしゃがみこんだり・・・ アヤシイニホンジンをやらかしました。σ(^^;)

ヒメノアサガオ 野牽牛 Ipomoea obscura

D191102himenoasagao

D191102himenoasagao2

D191102himenoasagao3

 

ナハカノコソウかその近縁種

D191102nahakanoko

D191102nahakanoko2

D191102nahakanoko3

D191102nahakanoko4

 

クロバナツルアズキ 賽芻豆(紫花大翼豆) Macroptilium atropurpureum

D191102kurobanaturu

D191102kurobanaturu2

D191102kurobanaturu3

 

誰かな? ぱっと見、なんちゃらケツメイという感じに見えたのですが・・・ 未だ迷走中。(^^;

D191102nanikana

D191102nanikana2

D191102nanikana3

| | コメント (0)

2019.10.29

キンモクセイの二度咲き

D191029kinmokusei


ご近所道端植物観察メモ。
台湾から戻った翌日(10/27)、近所の公園のキンモクセイがパラパラ花をつけているのに気がつきました。今年2度目の開花です。

D191029kinmokusei2

 

残念ながら写真を撮っていませんでしたが、最初の開花は10/13。台風19号が過ぎ去った後、この樹にびっしり花がついて強く香っていたのを覚えています。今回のはそれほどの密度はありません。

ネット徘徊してて、キンモクセイの二度咲きについての研究論文に行き当たりました。論文の抄録によると、温暖化の影響を調べる実験で夏季から秋季にかけて加温したところ、開花の遅れや開花のピークが複数回起こったとのこと。これ、今年の夏の暑さとキンモクセイの開花の遅れにも当てはまる感じがしました。
また、単に二度咲きといっても、複数ある中での樹ごとの開花時期のばらつき、1つの樹でも場所によるばらつき、同じ花芽の場所での花芽ごとのばらつき、これらのばらつきが組み合わさったものがあると。ぼんやり「二度咲き」としてしまっていましたが、言われてみれば確かにそうですね。

| | コメント (0)

2019.10.28

アブラギリ

D191028aburagiri


極小美麗モスの近くで、存在感たっぷりの実をつけた樹が目にとまりました。

D191028aburagiri2

D191028aburagiri3


樹の姿。

D191028aburagiri4


葉の形は、こんな具合に切れ込みが入ってるのと、ほとんど切れ込み無しのと、いろいろでした。

D191028aburagiri5


1本だけ、てっぺんに花を付けている樹がありました。
台湾での本来の花期は4~5月で、「五月の雪」と呼ばれているそうです。

D191028aburagiri6

 

飛行機の乗り継ぎ時間で見たものいろいろ、まだまだ出し切れてませんが、とりあえず次は澎湖島へ。(^^;

| | コメント (0)

2019.10.20

オオシロカラカサタケ・・・

D191020ooshirokarakasa


だと思いますが、どうでしょうか。

D191020ooshirokarakasa2


土手上の草むらで、存在感出してました。

D191020ooshirokarakasa3


ふっくら焼けたパンとか、焼きまんじゅうとか・・・ なんか美味しそうにも見えますが、残念ながら有毒なんだそうです。(^^;

D191020ooshirokarakasa4

| | コメント (0)

より以前の記事一覧