カテゴリー「植物」の1000件の記事

2019.06.19

セッカニワゼキショウと・・・

D190619sekkaniwazekisyo


ご近所道端植物観察メモ。
なかなかプチ遠出ができず、今年はセッカニワゼキショウの花の時季を逃してしまいそうと思っていたら、なんと近所にもありました。(^^;
グラウンドの縁の芝生の、なぜか歩道寄り。

D190619sekkaniwazekisyo2

 

それから、5月中旬に見たオキジムシロ。
前に見たところからはすっかり姿を消し、だいぶ離れたところでひょっこり。でもやっぱり歩道の隙間。

D190619okijimushiro

D190619okijimushiro2

| | コメント (0)

2019.06.14

マルバストラムとマルミノヤマゴボウ

D190614malvastrum


奥武蔵で見た花のひとつ。
車道に面したお宅脇に「勝手に生えてるよ」といった風情で咲いてました。
カタカナ名では覚えていられる気がしなくて、和名はないのかとちょっと探ってみましたが、ないみたいですね。(^^;

D190614malvastrum2


2日後、なんと美女浦を目指して歩いていたときにも見かけました。園芸種として流通しているようですが、そのうち帰化植物の仲間入りするかもしれませんね。

D190614malvastrum3

 

奥武蔵で見た花をもうひとつ。
マルミノヤマゴボウ。見るのは初めてかも。在来種とのことですが・・・

D190614maruminoyamagobo


この花付きのミッチリ感、帰化種のヨウシュヤマゴボウより帰化種感が強いと思いませんか?(^^;

D190614maruminoyamagob2

| | コメント (0)

2019.06.10

ミチバタナデシコ・・・?

D190610nadeshiko


先週、父のところにいったとき、また見知らぬ帰化植物を見つけてしまいました。(^^;

『帰化植物写真図鑑』のナデシコ科のところを見てみたら、「イヌコモチナデシコ」というのにそっくり。ただ、「関東以西に発生」という記述があったので、確認のためネット検索。・・・さらに「イヌ」が付かない「コモチナデシコ」や「ミチバタナデシコ」まで出てきました。(^^;

D190610nadeshiko2


3種の識別には種子を見る必要があるようです。そこまで追及する気持ちはないので、最初に見たのが道端のアスファルトの隙間だったことから、とりあえず「ミチバタナデシコ」としておきますね。(^^ゞ ヾ(--;)

D190610nadeshiko3

D190610nadeshiko4

 

その後、草が生い茂ったところでも見ましたが、やはり「ミチバタ」に相応しく、一番道寄りのところに生えていました。

D190610nadeshiko5

 

【更新のお知らせ】
メインサイトのほうの「はな日和」を更新しました。今回は先月の多摩川観察会の写真です。多摩川にたどり着くまでかなりかかって、多摩川での写真は少なめです。(^^;

| | コメント (0)

2019.06.01

バラモンジン

D190601baramonjin


半月ほど前、父のいる施設に向かう途中で見つけました。

道路沿いのお宅の玄関あたりに立派なのが何株も。いろんな意味で撮りにくかったです。(^^;

D190601baramonjin2

D190601baramonjin3

D190601baramonjin4

 → 去年実家近くで見たバラモンジン

| | コメント (0)

2019.05.31

今ごろ桜に新芽が

D190531sakura


近所の公園のソメイヨシノ、満開のころには何もついてなかった枝から新芽が出ているのに気がつきました。

いつまでも花が残ってるなぁとしばらく気になって見ていましたが、緑が濃くなるにつれて意識の外へ。(^^;

D190531sakura2

 

おまけの昼間の白い月。

D190531tsuki

D190531tsuki2

| | コメント (2)

2019.05.23

ジャケツイバラ

D190523jaketsu


日曜日に参加した観察会で、久しぶりにジャケツイバラの花を見ました。
過去記事を掘ってみたら、ここで見るのは7年ぶり。さらにその7年前に、ここで初めて見たのでした。(^^;

D190523jaketsu2

D190523jaketsu3

D190523jaketsu4

| | コメント (0)

2019.05.16

ユリノキとセンダン

D190516yurinoki


徒歩圏内のユリノキ・スポットで1週間ほど前に撮って、そのままになっていました。(^^;

D190516yurinoki2


花盛りでしたが、

D190516yurinoki3


下のほうの枝は落とされてるので、見上げないと花に気づいてもらえないんですよねぇ。
このときも「鳥ですか?」と聞かれて、「いえ、花を撮ってます」と指さしたのですが、「え?」
撮ったのを見てもらったら、あらためて樹を見上げて、「ほんとだ! あ、咲いてる咲いてる!」 喜んでいただけたみたいです。(^^)

D190516yurinoki4

 

実は今朝、近所の川岸で花盛りのセンダンを見て、撮ったままになっていたユリノキを思い出したのです。(^^;

D190516sendan


8年前と比べてぐっと存在感が増した樹と、

D190516sendan2


ひょろひょろ伸び広がった若木。

D190516sendan3

| | コメント (0)

2019.05.10

コケリンドウ

D190510kokerindo


ニリンソウの実に気づいた日のメインターゲットは、この花。

アップで撮ると小ささがわからないので、

D190510kokerindo2


1円玉、じゃなくて100円玉とのツーショット。(^^ゞ

D190510kokerindo3


足の踏み場に困るほど、いっぱいありました。

D190510kokerindo4

D190510kokerindo5

 

この日は、他にもヒメハギやホタルカズラなど心惹かれる花がいろいろと・・・ 別の場所でしたが、同じ花の組み合わせが7年前の記事にあったので、今回は省略。(^^ゞ

それから、下の写真は先月信州で撮ったもの。このときは、この株ともう1株だけでした。

D190510kokerindo6

| | コメント (0)

2019.05.09

ニリンソウの実

D190509nirinso


ぼんやり眺めたニリンソウの花の中に、ポチっと黒い何かが見えました。

ん?虫? と寄ってみたら・・・ 違いました。(^^;

D190509nirinso2


ニリンソウって、こんな実をつけるんですね。

D190509nirinso3


もっと若い実のもありました。

D190509nirinso4

 

この大型連休の終わり近くに参加した観察会の終わり近くで、今さらながらの発見。(^^;
今年はあちこちでニリンソウを見ることができたのに、咲き出したばかりの風情とか、群咲いているところとか、花弁のように見える萼片の色合いとか・・・ 実については意識の外でした。

下は同じ日に見たイチリンソウ。実のつき方、ニリンソウとは違うんですね。

D190509ichirinso

D190509ichirinso2

| | コメント (2)

2019.05.06

マツバウンラン

D190506matsubaunran


今シーズン、ウチの近所ではあまり見ないなと思っていたら、ここに集結していました。(^^;
見つけたのは1週間前。このときが一番花の見ごろだったようです。でも、イマイチ写真ばかり。(↓下の写真)
今日また行ってみたら、既にかなり実になっていたので、なるべく花がまとまってるところを撮りました。(↑上の写真)

D190506matsubaunran2

 

マツバウンラン以外にも、コヒルガオ、クスダマツメクサ、ニワゼキショウ、ユウゲショウ、ハナヤエムグラ・・・ 雑草だらけと見るか、ちょっとした野の花畑と見るか。(^^;

D190506matsubaunran3

| | コメント (0)

より以前の記事一覧