カテゴリー「植物」の1000件の記事

2022.01.10

ヒナソウ

ヒナソウ


ひなたの道を選んで歩いていて、ヒナソウを見つけました。

雪が降った翌々日、雪はほとんど消えてるのに、何故かいつもの道のところどころにアイスバーンのトラップが。(^^;
でも、おかげでこの可愛い花に出会えました。

ヒナソウ

 

白い花のもありました。ちょっとお掃除してから撮りたかったけど、通りに面したお宅の玄関先だったので、遠慮しました。カメラは向けてるのに。

ヒナソウ

 

ウチのコだったことがあったような・・・ 過去記事を掘ってみたら、なんと!10年前でした。そして、ウチのコがその後どうなったかはさっぱり。(^^;

| | コメント (0)

2022.01.02

シモバシラの氷華

シモバシラの氷華


年末の高尾山で見たシモバシラの氷の華。
寒波のおかげか、今まで見た中で一番見事でした。
⇒「シモバシラの氷華」(note)

| | コメント (0)

2021.12.26

板橋ねったいかんで見た花

グレヴィレア ピーチズアンドクリーム


というか、館の外にあった花。開館時間まで少しあったので、外に植えられている植物をチェック。

入口脇の鉢に植えられていたのは、グレヴィレア ピーチズアンドクリーム。
花の色がレモンイエローからオレンジ色がかったピンクに変化していくとか。

グレヴィレア ピーチズアンドクリーム

グレヴィレア ピーチズアンドクリーム

グレヴィレア ピーチズアンドクリーム

 

もう1種。カンガルーポー。
カンガルーの足に、花が似てるから・・・ かぎ爪の出た前足?

カンガルーポー

カンガルーポー

 

その他に、イチゴノキの小さいのが何本かありましたが、前に八国山観察会で見たのよりかなりショボいので、省略。(^^;

| | コメント (0)

2021.12.24

クズの葉痕

クズの葉痕


先月の多摩川観察会で目にとまったクズの葉痕。
上の写真のように、可愛い感じのが多いですが、

ムンクのナントカを連想させるのも見つけました。

クズの葉痕

 

冬芽と葉痕、この時季ならではの楽しみのひとつです。

| | コメント (2)

2021.12.20

カワラヨモギ?

カワラヨモギ?


先月の多摩川観察会で目にとまった植物。何かな?
後で調べるつもりで撮って、それっきりになってました。(^^;

カワラヨモギしか思いつかないのですが、どうでしょうね。

カワラヨモギ?

カワラヨモギ?

カワラヨモギ?

 

【更新のお知らせ】
メインサイトの「はな日和」を更新しました。これらの写真も含めて、先月の多摩川観察会で見たものいろいろ。
実は、昨日が今月の多摩川観察会でした。(^^;

| | コメント (0)

2021.12.08

ミズヒマワリ

ミズヒマワリ


オオカワヂシャ・・・と、ぼんやり眺めて通り過ぎようとしたところで気がつきました。

花が違う!
この白い花がなかったら、そのまんまだったと思います。(^^;

ミズヒマワリ、名前は何となく聞いた覚えがありましたが、見るのはたぶん初めて。
特定外来生物に指定されている、ヤッカイモノ・・・。
本来の花期は夏から秋にかけて。花はヒマワリとはだいぶ違いますね。名前の由来は、葉がヒマワリに似てるところから・・・似てるかな?

ミズヒマワリ

 

花の傍らの茶色っぽいのは、虫? ズームしてみたら、違いました。(^^;

ミズヒマワリ

| | コメント (2)

2021.11.28

アサギマダラの越冬幼虫と・・・

キジョランの葉


先日の多摩森林科学園で見たものをもう少し。

アサギマダラのお子さまのmgmg跡が、あちこちのキジョランで目につきました。

葉裏(中には表にいたコも)には、孵化したばかりと思われるお子さま。

アサギマダラ越冬幼虫

 

それから、もう少し育ったお子さま。

アサギマダラ越冬幼虫

 

そしてこれは・・・ アサギマダラの蛹だと思いますが、どうでしょうか。
今ごろ? 寒くなったり暑さが戻ったりと、季節が行ったり戻ったりしてたから、勘違いしちゃったのかな。

アサギマダラの蛹

 

キジョランの近くに落ちていた種子。
キジョランの種子ってこんなだったかな。髪を振り乱していないけど・・・ やっぱり違いました。(^^;
調べた限り、テイカカズラの種子のようです。
 →前に見たキジョランの種子

テイカカズラの種子

| | コメント (0)

2021.11.26

シキザクラ(四季桜)

シキザクラ


ずいぶん花付きのいいフユザクラ、と思って寄って行ったら、札に「四季桜」とありました。(^^;

ジュウガツザクラ、コブクザクラ、フユザクラ・・・寒い時季に咲く桜の中で、一重咲きはフユザクラと思い込んでいて、シキザクラは意識の外でした。「シキザクラ」という名前だけは、何となく入っていたんですけどね。

シキザクラ

シキザクラ

 

10月にも行った多摩森林科学園。その時は見られなかったあるもの目当てに行って、思いがけない発見。(^^ゞ

下は、シキザクラの近くにあったフユザクラ。
花の大きさを直接には比較できませんでしたが、見た感じ、フユザクラのほうがちょっと大きいような・・・。

フユザクラ

| | コメント (0)

2021.11.13

かぶりつき・・・

ニホンミツバチ


花にかぶりついてるニホンミツバチを見かけました。

花粉をmgmg、でしょうか。

ニホンミツバチ

 

このコがとまっていたコシロノセンダングサ、今年は我がテリトリーの川岸ゾーンの特に下流方面のあちこちで見ます。
私の乏しい経験値では、コセンダングサはよく見かけるけど、コシロノセンダングサのほうはたまに見る、という感じだったんですけどね。

コシロノセンダングサ

コシロノセンダングサ

 

おまけに近所の公園の花壇では、こんなセンダングサの仲間を見つけちゃいました。
沖縄でよく見るアワユキセンダングサの仲間でしょうか。

アワユキセンダングサの仲間

| | コメント (1)

2021.11.12

ヤノネボンテンカ

ヤノネボンテンカ


もう1週間経ってしまいましたが、去年見つけたヤノネボンテンカ・スポットに行ってきました。
本当はもっと早く行きたかったのに、時間・体力・気力・天気が思うように合わなくて。

コセンダングサ、セイタカアワダチソウ、アレチウリ・・・と手強い競合相手の中で、ヤノネボンテンカも猛々しい姿でがんばっていました。

ヤノネボンテンカ

ヤノネボンテンカ

 

先回は繁みに遮られて行けなかった水際に、うまい具合に隙間を見つけて出ることができました。

荒川岸

 

ぱぁっと小魚の群れが散って行きました。これでは証拠写真にもならないけど。(^^;

小魚

 

下流側のいつものスポットにも寄りました。
こちらはそれほど競合相手がいないので、優しい姿を見せていました。
岸伝いに、少しずつ勢力範囲を広げているようです。

ここからは、どうしてもスカイツリーを写し込みたくなるんですよねぇ。(^^ゞ

ヤノネボンテンカ

 

(撮影日:2021/11/05)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧