« 見る・見られる・見える | トップページ | 青椒牛肉絲もどき »

2004/10/16

「ら抜き言葉」擁護派は多数派か

前の記事で、「ら抜き言葉を容認する傾向にあると思う」と書いた。
だが本当にそうか、疑問に思えてきた。

私がそういう傾向にあると感じた根拠の多くは、ネットからの情報だ。実際、「ら抜き言葉」で検索してヒットする記事の多くが、「ら抜き言葉」を擁護した内容になっている。それで、何となく時代の流れになっているように感じてしまっていた。

「ら抜き言葉」擁護派と批判派で、インターネット利用率が違うことも考えられる。インターネットの利用者数は増大していても、ネット上で自分の意見を表明する人の割合は、まだそれほど多くないのではないか。たまたまネットで発信する人たちに、擁護派が多い、ということも考えられる。

自分の日常的なことが、つい普遍的なものであると勘違いしがちだ。
気をつけないといけないなぁ。

|

« 見る・見られる・見える | トップページ | 青椒牛肉絲もどき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20052/65846796

この記事へのトラックバック一覧です: 「ら抜き言葉」擁護派は多数派か:

« 見る・見られる・見える | トップページ | 青椒牛肉絲もどき »