« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月

2004/11/29

ドラクエVIII

家人がやってるのを、脇でちょっと見てみた。
キャラクタが妙にスムーズに動くのは、「スクエニ」になったせいか。
公式サイトのトップページは、以前のドラクエの感じのまま。この短足のキャラがペコペコしているほうが、私は好きだ。

もうずいぶんTVゲームをやっていない。やる時間がないのが最大の理由・・・同じようなことを、5年前にも書いていたことに気がついた。(^^;)

ドラクエでいうと、初めてやったのがIII。その後、IIをやって、確かIVは途中までだったと思う。IVでは、キャラクターやアイテムの種類が増えたが、ゲーム自体の面白みが少ない気がした。
それよりも、サブキャラを主人公にした「トルネコの大冒険」にかなりはまった。だが、「トルネコの大冒険2」になるとつまらない。

私の独断&偏見でいわせてもらうと、TVゲームの一番は、ドラクエIII。・・・というところから、もう既に「オクレテル」なんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/27

ただ今実習中

スーパーのレジのところに、
「ただ今実習中
このレジは、ただ今実習生が担当しております。
お急ぎのお客様は、恐れ入りますが、どうぞ他のレジにおまわりください」
といったことが書かれた札が出ていた。

そういえば、動作が少しぎこちなくて、他のレジよりいくぶん待たされるようだ。でもその札のおかげで、いら立つことなく、逆にその新米店員を励ます気持ちになった。

実習中を示すバッジや腕章はときどき見かけるが、こうした札は初めて見た。他の店員との区別だけなら、バッジや腕章でも十分だ。だが、「ただ今実習中」の札には、
・何のために伝えるか
・どのように伝えるか
という、ごく当然のことだけど、なぜか抜けてしまいがちなことをちゃんとおさえた配慮が感じられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素敵なあなたを目指す?

「素敵な日々と 素敵なあなたを 目指します」
という電車内の広告文に、ちょっとひっかかりを感じた。

老人ホームの広告。「当施設では、充実した老後を送っていただけます」といったことを言いたいのだろう。だが、あなたが目指す「素敵な私」って何? 私をどうしようというのか? 素敵にしてもらわなくて結構。余計なお世話だ。
入所を検討しているわけでもないのに、つい突っ込みを入れてしまう。(^^;)

「素敵なあなたの 素敵な日々を 応援します」 というのはどうだろう。
うーん、「応援します」が、何かヤダ。

満員で本も開けないと、こうやって車内広告の文言をいじって遊ぶ。だから、文字が小さくて読めない広告は嫌いだ。どういう状況で見られるものか、ごく当然の意識が欠けているとしか思えない。
さらに、車両全部が同じ広告で埋め尽くされている電車は、大嫌い。 私のささやかな遊びを奪う、一種の暴力ではないか。(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/18

喪中につき

という葉書が届く時季となった。
今日受け取ったのは、私にとって初めての上司が、この4月に逝去したというものだった。
えっ! どうして? 葉書に問いかけてしまった。まだ60そこそこのはずだ。

「どうして亡くなられたのですか?」と聞きたい。
でも、面識のないご遺族に聞いていいものかどうか、そうしたことが私には分からない。

その会社を辞めてからは、年賀状のやり取りだけのつながりだったけど、それでも切れてしまうのは、やっぱり辛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/07

地域密着型家電店

昨日、調子が悪くなった洗濯機。攪拌翼のネジを締め直したら復旧したようだったが、今朝またダメになった。もうネジを締め直しても、空回りするばかり。

昨日調子を取り戻した後、アレコレいろいろ洗った。それは、最後の力を振り絞ってのことだったようだ。

ネットを検索すると、同じような事例で、攪拌翼を交換して直ったという記事があがっていた。そこで今度は、近所の電気店を検索。検索結果の何店かに「地域密着型家電店」とあった。だが、そのいずれも日曜日は休みの様子。

何が「地域密着型」だ。この地域で「地域密着型」を謳うなら、日曜日こそ営業すべきではないか・・・とはいっても、休みではしょうがない。もったいないとは思ったが、結局は、大手量販店で買い替えすることにした。

ちょうど大量仕入れをして値下げしたばかりという機種に、溜まっていたポイントカードのポイントも利用して購入。設置料や古い洗濯機の引き取り料を加えても、たぶん修理費用と同じぐらいの金額。配達の時間指定もできた。

今後、私が「地域密着型電器店」に行くことは、当分ないだろう。ちょっと残念な気もするが、現状では、大手量販店に客を取られても仕方がないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

簡単水炊き

休日の夕食ぐらい手間をかけたいと思いつつ、結局はいつもどおりの簡単料理。

土鍋にトリ手羽先を入れ、塩(多め)と酒(多め)をふってしばらく放置。
水を加えて火にかけて、煮立ったらアクを取って、弱火でしばらく放置。
白菜のザク切りを加えて、またしばらく放置。
最後に残っていた何種類かのキノコを入れて、ひと煮立ちして、終わり。

美味しゅうございました。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/06

洗濯機が・・・

洗濯物を干そうとしたら、何枚かに洗剤が固まってついている。娘が洗濯機に入れすぎたのだろう。濯ぎなおさなくちゃ。

ところが、水が入ったところで回り出すはずが、動かない。音はするが、空回りしているような音だ。さっきの洗剤の固まりが、洗濯物の入れすぎ(だけ)ではないことに気がつく。

うーん、故障?
近くに電気屋さんあったっけ。
コインランドリーはどこ?

とりあえず洗濯機の中の衣類を手で濯いで、脱水を試してみる。脱水はちゃんと動く。モーター自体は大丈夫な様子。

洗濯漕底の攪拌翼のネジを外してみる。ネジはすぐに外れたが、翼そのものは外れない。それ以上、どうしようもないので、ネジを元に戻す。外すときにネジがゆるかった気がしたので、しっかり止めてみる。

もう一度、水を入れて「洗い」を試してみる。おっ、動く。どうやら大丈夫そうだ。洗濯の続きをする。でも、ちゃんと回っているか心配で、ときどきフタを空けて、のぞいてみる。回っている。

あのネジがゆるんでいた、それだけなのだろうか。毎日毎日、黙々と働き続けてきた洗濯機。しばらくは、洗濯機のご機嫌をうかがう日々が続きそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »