« 猫だまりでランチ | トップページ | 孤独なココログ機能アップ »

2004/12/08

お嬢さんをください

「お嬢さんをください」、いきなりこの言葉が目に入ってきて、ちょっと驚いた。

朝の通勤電車で、私の前に立った女子高生の肩越しに見えるノートに、この言葉が書かれていた。脇の「簡単明瞭な・・・」という書き込みも見える。ノートと一緒に教科書も開いて持っている。どうやら定期試験直前の様子。

おそらく夏目漱石の「こころ」か何かだろう。作品中の1セリフ(?)を取り出して、それに注釈を加えるような勉強(?)・・・不幸な出会いとしか言いようがない。

私だって、同じような国語教育を受けてきた。試験に出やすい断片を抜き出して覚える、その断片に対する標準解釈(!)とともに。・・・つまらなかったが、国語の学習とはそういうものと思っていた。

今なら言える、というか、言いたい。
もし国語で文学作品を取り上げるなら、その作品全体を読む時間を与えてほしい。それから、余計な解釈無しで、様々なジャンルの作品を読ませてほしい。それと、詩(詩もどき?)を書かせるのはやめたい。

そして、読解力や文章力を養うためには、いろいろな説明文を読んだり書いたりさせればよいと思う。パソコンのマニュアルを読み解いたり書き直したり、なんて最適だと思うが、どうだろうか。(^^ゞ

|

« 猫だまりでランチ | トップページ | 孤独なココログ機能アップ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お嬢さんをください:

« 猫だまりでランチ | トップページ | 孤独なココログ機能アップ »