« システム管理者の日 | トップページ | 極楽の余り風 »

2005/08/17

新技術の光と闇?

ノラネコMさんの記事から、文部科学省がナノ粒子の毒性調査に着手したことを知った。

ナノテクを謳い文句にした衣料品や化粧品を目にするようになって、大丈夫かなぁと思っていたところだった。

プラス面がもてはやされた後に、マイナス面が浮上してくる・・・新技術ではよくあることだと思う。というか、そうでなければ世の中に出られないということかもしれない。

新技術の開発に携わる人には、最大限のリスク予想と対策を講じて欲しい。

そして、それでもなお何らかの障害が発生したときは、いたずらに開発者の責任を問うばかりでなく、問題解決に向けて(あるいは少しでも被害が抑えられるように)、知恵を出し合えないものかと思う。

犠牲者が出てしまってからでは取り返しがつかない・・・だが、取り返しがつかないことの積み重なった上で、私たちは今の便利さ快適さを享受しているのだから。

|

« システム管理者の日 | トップページ | 極楽の余り風 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新技術の光と闇?:

« システム管理者の日 | トップページ | 極楽の余り風 »