« かもめ食堂 | トップページ | 当番表 »

2006/05/20

音声入力していないのに

Wordで文書を作成していて、保存のときに次のような長々としたメッセージが出ることがある。

「文書は保存されましたが、音声認識データを保存する十分な空き領域がないため、データは失われました。録音していないときは、必ずマイクをオフにし、ディスクで利用できる記憶域を確認してください。」

マイクをオンにした覚えもないのに、どうして???
この現象が出た場合、文書をいったん閉じて再度開けば、メッセージは出なくなる。だが、どういうタイミングでかはわからないが、またメッセージが出る状態になることがある。

この鬱陶しいメッセージが出る現象(というか不具合)は、次のオプションの設定変更で回避することができる。

1)[ツール]メニューの[オプション]を選択
2)表示された[オプション]ダイアログボックスの[保存]タブを選択
3)「言語データを埋め込む」のチェックをはずす
4)[OK]をクリック

ただ、このオプションは文書単位に設定されるので、新規文書では「言語データを埋め込む」と設定される。
常にこのオプションを外したい場合は、次の操作で、標準テンプレート「Normal.dot」の設定を変更する。

1)Wordが起動している場合は、いったん終了する。
2)Wordを「セーフモード」で起動する。
 セーフモードで起動するには、[Ctrl]キーを押したままの状態で、Wordを起動する。
3)[ファイル]メニューの[開く]を選択し、テンプレート「Normal.dot」を開く。
4)オプションの)「言語データを埋め込む」のチェックをはずす。
5)「Normal.dot」を上書き保存して、閉じる。

たま~にこの件について聞かれることがある。とっさに対処法を思い出しにくくなっているので、その心覚えとして。(^^;)

|

« かもめ食堂 | トップページ | 当番表 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20052/65846741

この記事へのトラックバック一覧です: 音声入力していないのに:

« かもめ食堂 | トップページ | 当番表 »