« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007/08/11

テレビ電話の使いみち

ビルの脇で、男性が塀に向ってさかんに手を動かしている。
何だろうと見ると、塀の石のところに携帯電話が立ててあるのが見えた。

あ、そうか、テレビ電話だ。テレビ電話なら、手話で通話できる。なるほど、こういう使い方もあるな。

電話はあまり好きじゃない。ましてテレビ電話なんて絶対嫌だ・・・そういう私の頭には、「手話」という発想はなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/07

幸せな距離

ピシッ。電車のドアのところに立っていた女子中学生の腕を、彼女の背後からすっと伸びた白い手が叩いた。たいした強さではないようだったが、音を感じさせるほどの鋭さだった。

白い手の主を見ると、顔立ちからしてその中学生の母親のようだ。ふたりとも、きめの細かいきれいな肌に、長い睫毛。だが表情はまるで違う。険しい表情で娘の背中を凝視する母親。もしかしたら、見た目より本当はかなり若いのかもしれない。窓に映った娘(たぶん)の顔には、特にこれといった感情が見えない。

それから何度か、その子が少しでも向きをかえようとすると、すかさず後ろから制止が入った。私と同じ駅で降りた後も、車内のときと同じように、娘の背後にぴったり母親がくっついた形で歩いて行く。ときおり、制止の白い手が、その子の腕を叩く。

どうして無言のまま叩くのだろう。言葉をかければいいのに。だいたい、後ろじゃなくて横についてやればいいのに・・・いや、何の事情も知らないのに、短絡的に母親を責めるような考え方はよそう。

その後も同じ時間に乗り合わせると、このふたりを見かけた。いつも娘の背後に母親はいた。

ところがある日、その子がひとりでドアのところに立っているのを見た。母親はと見ると、数人の乗客を隔てたところに立っている。車内はそれほど混雑してないから、いつもの位置に立とうと思えば立てるのに。どうしたんだろう・・・。母親の表情にはいつもの険しさはない。ああ、やっぱり。化粧っ気の無い顔は、その子と姉妹と言っても通用するぐらい、若やいで見えた。

電車を降りてからも、ふたりの距離はそのまま。ほんの少し蛇行するように、いつもよりゆっくりと、その子は歩いて行く。その数歩後ろに、母親。私までつい歩調を緩め、ふたりの後をついていく形になってしまった。

地上に向う長いエスカレーター。歩いて上っていって、その子の脇を通るとき、初めて彼女の声を聞いた。あ~あ~・・・独り言を言っているようにも、何か歌っているようにも聞こえた。笑っているようにも見えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/01

通勤時間の有効活用?

朝、駅に向かって歩いていたら、後ろのほうで電気カミソリのような音がする。何だろうと振り返ってみたら、本当に歩きながら髭を剃っていた。(^^;

少し前のことだが、通勤電車内でのこと。
途中から乗り込んできた若い男性が、荷物全部を網棚に置いて、ウェットティッシュで顔を拭きだした。首筋、腕、さらにはシャツの襟元や裾から手を入れて・・・。丹念に、何度も。辺りには、ウェットティッシュの爽やかな香り。(^^;

それが済むと、それまで出していたシャツの裾をズボンに入れ、バッグからベルトを出して装着。さらにネクタイもきっちり。まくり上げていた袖を下し、ボタンを留め、ジャケットをはおり(これも網棚に上げてあった)、
と身支度が整ったところで、降りて行った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »