« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008/05/15

Vistaでは圧縮フォルダにパスワード設定ができないので

夜、持ち帰り仕事をしている同僚からの電話。「Vistaで圧縮フォルダにパスワードを付ける方法を教えてほしい」

Windows XPになって気に入ったのは、「圧縮フォルダ」で、ZIP形式の圧縮ファイルが手軽に扱えるようになったこと。パスワード設定も、[ファイル]メニューから簡単に設定できる。そして、VistaでXPより不便になったことのひとつに、圧縮フォルダにパスワードを設定できなくなったことがある。

+LhacaならZIPファイルにパスワードを付けられるのではないかと思い、調べてみた。+Lhacaの「デラックス版」ならできそうだ。で、やってみたら、ちょっと手順が分かりにくい。同僚には、手順を簡単に書いたものを送った。その後、機能拡張版でも、同様な方法でできることがわかった。

今後、この手の質問が増えそうな気がするので、同僚に送った簡易手順書を、自分の心覚えとしてここに貼っておこうと思う。
「+Lhacaデラックス版でパスワード設定を可能にする方法」(nora080514.pdf)

業務上ファイルをメールに添付して送る際、パスワードを付けるのが常識化しつつあるので、そのうちVistaの圧縮フォルダに機能追加(機能復活?)されるかもしれないけど。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/13

キャベツ焼き

新キャベツの外側の葉、下のほうは柔らかそうだが、上半分はかなりごわっとしている。捨てるにはもったいないが、さすがに生では食べにくいし、煮たり炒めてもイマイチ・・・と眺めているうちに、高松に出張したときに食べた、キャベツのかき揚げを思い出した。

だが、揚げ物は後の油の処理がめんどくさい・・・というわけで、前にフキノトウで作ったのと同じように、お好み焼き風に焼いてみた。

キャベツの葉は、粗めの千切りにしたのをさらに刻んで、粗みじん切りという感じ。粉はかなりゆるめに溶いて、ぎりぎりキャベツのつなぎとなるくらいの量。塩少々。それに刻んだキャベツを混ぜ込む。

フライパンに多めの油を入れ、少し厚めに広げて、弱火でじっくりこんがり焼いてみた。途中ひっくり返してフライパンに押し付けるようにして。気になる筋っぽさもなく、キャベツの甘みもあって、なかなかいい具合に出来上がった。

焼きたてを、塩で、醤油で、ソースで。あ!マヨネーズで、を忘れた。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »