« 続)Windows7でパスワード付きの圧縮フォルダを作成する | トップページ | 2012 4月~12月に観た映画 »

2012/12/11

Windows8アップグレード(?)とOffice2013プレビュー

1ヵ月ほど前、3,300円でWin8へアップグレードできると知って、費用面でWin7へのアップグレードをためらっていたXPのデスクトップでやってみることにした。
(3,300円は期間限定特別価格ということだが、現時点でも可。いつまでの期間限定なんだろう)

アップロード対象PCのチェック、ダウンロード、ダウンロードファイルの展開、とマイクロソフトのサイトで申し込んでからインストール開始まで約15分、インストールもスルスルと進行して、Win8へアップグレードできた。

その後、ユーザーアカウントの認証にちょっと戸惑った&手間取ったが、何となくクリア。まずは私にとっては必須のGoogle Chromeをインストールした状態のスタート画面がこれ。(あ、ちらちら動くのがうるさいので、ニュースの「タイル」は動かなくした)↓

Nora121211win8


そのまま1ヵ月ほど放置した後、Office2013のプレビュー版を入れてみた。ついでにスタート画面もカスタマイズ。その結果がこれ。↓

Nora121211win82


最初のスタート画面に配置されていたいわゆる「アプリ」は姿を消した。残念ながらいずれも私にとって「PCで使いたい」と思うものではなかったのだ。スマートフォンやタブレットなら、これらのアプリに対する感想は違っていたかもしれないが。

ブラウザやOfficeなどを起動すると、まずデスクトップが表示され、デスクトップ上にそれらのウィンドウが開く。だったら、最初からデスクトップ表示でいいのに。(笑)
表面だけスマートフォンやタブレットと同じような顔をしてても、すぐに化けの皮がはがれる感じ。

デスクトップは生き残ったが、スタートボタンが消えたのが何とも不便だ。タスクバーの機能はWin7と同じようなので、デスクトップ画面からホーム画面に戻らずに各種プログラムが起動できるように、タスクバーにツールバーを追加した。↓

Nora121211win83


・・・と今のところ、Win7から進化したと感じるものを、Win8に見つけられないでいる。

ついでに言うと、Office2013のプレビュー版、全体がのっぺり白くて、メニューなどがとても見づらくなってしまった。リボンの上には何やら妙な感じの模様・・・これは「背景」で、数種類から選べるようになっているが、そんなの選べなくていいから、見やすい画面構成にしてほしい。

「見た目」はユーザーインターフェイスとして大事な機能の1つなのに、Win8もOffice2013も、ユーザーインターフェイスとは別の次元でデザインされたのではないだろうか。

|

« 続)Windows7でパスワード付きの圧縮フォルダを作成する | トップページ | 2012 4月~12月に観た映画 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20052/65846645

この記事へのトラックバック一覧です: Windows8アップグレード(?)とOffice2013プレビュー:

« 続)Windows7でパスワード付きの圧縮フォルダを作成する | トップページ | 2012 4月~12月に観た映画 »